ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

とらドラ6!

2008-09-25

とらドラ6!

電撃文庫
著作名:とらドラ6!

著者名:竹宮ゆゆこ(たけみや ゆゆこ)
イラストレーター:ヤス
発行日:2007/12/25


あらすじ
生徒会長選挙迫る! 本命の北村、グレる……!

文化祭以降、少し距離が縮まったような竜児と実乃梨。
一方、学校内には大河と北村が付き合っているという噂が流れる。
そんな中、迫る生徒会長選挙でも本命と目されていた北村は突然…… グレた。
それに対して、突き放すような態度をとる、現・生徒会長のすみれ兄貴。
やたらと攻撃的な幼なじみの亜美。 心労で老けていく独身。
竜児と大河は北村がグレた原因を突き止め、立ち直らせようと奮闘するが……。
そして、すべてが白日のもとにさらされたとき、大河がとる選択は……。
波乱ぶくみの超弩級ラブコメ・第6弾!

レビュー
北村グレたあああああああ!

流石にシリーズが6巻ともなると色々なことが起こるモノ。
まるお、グレるの巻。

ラブコメは成りを潜め、北村を更正させるために皆が奮闘。
これまでのとらドラ!とは違うテイストに仕上がっている。
北村を中心に嵐が巻き起こる。やはり北村は素直な優等生ではなかった。

大河は友情と恋愛感情の狭間で揺れ、読者の誰もが原因と解っているあの人は沈黙。
我らがみのりんは今回もあまり元気が無く。。。

でもうつむいて赤くなってるみのりんの挿絵で全て救われた。
ちょっと、あのシーンは反則じゃないかと思うんだ。
みのりん濃度が高すぎて中毒死しそうになった。

いつもより重い話の中にもギャグはキラリと光り面白い。
ただ、シリアスパートがちょっと解りにくかった。
普段が軽快である弊害かもしれない。

しかし最後のバトルは目を見張るものがある。
無敵と思われていたあの人と互角以上の戦いをするタイガーにマジビビッタ。
手乗りタイガーの戦闘力は計り知れない。

展開としては一つの山を越えた、といったところ。
今後どうなるのかは、でも、さっぱりわからない。。。

あと、先生の呼称が「独身」に固定された。なにげに酷い。
頑張ってるのに、良いシーンなのに呼称が「独身」。
なにこのいじめ。シリアスシーンで凄く気が抜けるんですが。
これは三十路世界へ飛び込む自分への戒めor覚悟の現れなんだろうか。


評価
★★★★
(4)

一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2008-09-25 サトシ [URL]

読まさせていただきました。
応援ポチッ!!!

編集

2008-09-25 ラノベドランカー [URL]

>サトシさん
応援ありがとうございます!

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/344-8b5a9900

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。