ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

とらドラ7!

2008-09-26

とらドラ7!
電撃文庫
著作名:とらドラ7!

著者名:竹宮ゆゆこ(たけみや ゆゆこ)
イラストレーター:ヤス
発行日:2008/4/10


あらすじ
停学が明け、大河が学校に戻ってくる。
折りしも世間はクリスマスの季節。 クリスマス大好きという大河は、唐突いい子バージョンに変身。
一方、実乃梨は試合でエラーをしたとかでふさぎこみ、竜児にもぎこちない態度を取るようになる。
そんな中、新生徒会長・北村が、有志によるクリスマスパーティの企画を立ち上げる。
竜児や大河、そして学園の公式美少女である亜美の参加もあり準備は盛り上がるが、実乃梨だけは相変わらず元気がなくて──。
はたしてクリスマスパーティの行方は!?
ますます脂が乗ってきた竹宮ゆゆこ、三十路の扉を開く渾身の一冊をお見逃しなく!

レビュー
大きく話が動く7巻です。

どうもキャラクターが独特な連中ばかりなので心理が読みにくかった。
大河、みのりん、亜美、北村、・・・独身。

一癖も二癖もある連中ばかりなので、なんだか噛み合ってなくても原因がわからない。。。
個人的には現状で亜美が一番わからない。
しばらく「??」が飛び交う気持ち悪い状態が続いていた。

大河もクリスマスモード「エンジェル大河」に変化し、いつもの無茶苦茶&罵詈雑言が無く物足りない。

と言った具合に2/3位までは個人的にもの凄く微妙な展開。
しかし、それは後半に控えている嵐の前の静けさだったようだ。

しっかり起こってます。嵐。

200P越えたあたりからの展開は必殺の威力を秘めていた。
なんだこの超展開!(良い意味で)
200Pまでのエピソードは単なる前座と言って良い。
このシリーズを読み続けてもやもやしてた部分の一つが開けた。

とらドラファン必見の一冊。

最後に。
不動産投資に走る三十路を誰も止めてやらないのはどうか。
6巻以降無駄に輝きを増す独身。すげーぜ独身!死ぬな独身!

次巻に続く。



評価
★★★★
(ラストシーンは凄いけど、それまでが微妙だったので★4つ・・・)

一押しお願いします




スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/345-cb57ff93

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。