ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

とある飛空士への追憶

2008-09-27

とある飛空士への追憶
ガガガ文庫
著作名:とある飛空士への追憶

著者名:犬村小六(いぬむら ころく)
イラストレーター:森沢晴行(もりさわ はるゆき)
発行日:2008/02/24


あらすじ
「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!? 圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる!  蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。

レビュー
これを読まずして今年のライトノベルは語れない。

読み終えたあと、思わず溜息が出てしまう。
この本の世界にどっぷりと引き込まれた。
そして容易にこの世界から抜け出すことが出来ない。

読書の素晴らしさを再確認させてくれる。
この本に出会えたことが素直に喜ばしい。

ライトノベラーだけではなく、一般人(というと語弊がありそうだが)にも強くお勧めしたい。

こういう名作に出会うといつも自分の語彙の無さが悔しく思えてならない。

「いいから読んでくれ」というレビュアーとしては三流以下のコメントを残すことが悔しい。

しかし名作であればあるほど、自分のレビューで先入観を与えてしまうことが恐ろしい。

そんな作品。

内容に触れてここが良かった、誰がよかったと書き連ねてたらきりがない。

空に生きる飛空士と、生まれた時から生き方が決められている貴族の少女のひと夏の恋と空戦の物語。
彼と彼女の葛藤、決意、生き様は読むものに大きななにかを残してくれる。

思わず空を見上げて、そこに想いを馳せてしまう。

悲恋といえば悲恋だろう、だが最後に読者に残る気持ちに悲しみは多くないはずだ。

心揺さぶられる最高級の作品に出会えた幸運を、このレビューを読んでくれている人にも分けられたら。
そんな気持ちを吐露してみたところで、このレビューを締めくくろうと思う。


評価
★★★★★★
(星6つを捧げます)

一押しお願いします


スポンサーサイト

ガガガ文庫 コメント: 14 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

はじめまして。

2008-09-28 ゆきさん [URL]

はじめまして。私は自己啓発、ビジネス系中心のブログを運営しております。こちらのブログは私の道の世界を教えてくれる貴重なブログです。よろしければ相互リンクをお願い致します。

編集

はじめまして!!

2008-09-29 六法全書 [URL]

レビュー読んでるうちに、凄い面白そうだと思ってしまいました(笑)
興奮が伝わってくるっていうか、なんていうか。
普段はあまりライトノベルは読まないんですけど、読んでみたいと思います。

編集

2008-10-01 ラノベドランカー [URL]

>ゆきさん さん
はじめまして。
系統は違いますが同じブックレビューのブログとして、当ブログがお役に立てれば幸いです。
相互リンクよろしくお願いします。(リンクを張らせて頂きました)

>六法全書さん
はじめまして。
興奮が伝わりましたか!まさにこのレビューを書いてる時は興奮していました。
ラノベというカテゴリで敬遠されるにはあまりに惜しい作品だと思いますので、是非読んでみてください!

編集

2009-02-24 街角 [URL]

読みました、読みましたよー(@_@)

これは素晴らしいですね。
読んだ後は感無量でした。
切なく悲しい、でも清々しい最後でした。

シャルル………かっこよすぎです。

編集

Re: タイトルなし

2009-02-25 ラノベドランカー [URL]

街角さん、こんばんは。

> これは素晴らしいですね。
> 読んだ後は感無量でした。
> 切なく悲しい、でも清々しい最後でした。
>
> シャルル………かっこよすぎです。
もう仰るとおりです。
今思い出しても読了後の気持ちが溢れてきます。

続編(?)が出ているようなので凄く気になっているのですが
もったいなくて読めていませんw

編集

感動です!!!!

2009-05-08 あゆみ [URL]

読みました!!すごくいい話で・・・ライトノベルは、初めてなのですが・・・・
いくら格差があろうと、やりすぎでは?と思うほどひどい仕打ちですよね?・・・・シャルルがかわいそう・・・・
終わり方もかっこいいですよね。著者の才能を伺います。

ものすごく続きが気になります。だれか続刊を知っていたら教えてください。

編集

Re: 感動です!!!!

2009-05-10 ラノベドランカー [URL]

あゆみさん、はじめまして。
> 読みました!!すごくいい話で・・・ライトノベルは、初めてなのですが・・・・
ラノベが初めてということで、ラノベに良いイメージが出来ていたら嬉しいです。

> 終わり方もかっこいいですよね。著者の才能を伺います。
この終わり方は神懸かっていると思います。未だに思い出すと感動できます。

> ものすごく続きが気になります。だれか続刊を知っていたら教えてください。
シャルルとファナの物語はこれで完結しています。
同じ飛空士シリーズで「とある飛空士への恋歌」という作品があります。
レビューはこちら→http://lightnovels.blog51.fc2.com/blog-entry-431.html

ただ、「追憶」とは世界観だけが同じなだけで全くの別物だと考えて読んで頂いた方がいいと思います。(詳しくはレビューを読んで頂ければ…)

編集

2009-10-19 れぎおむ [URL]

とても良い作品でした。ファナが次第にデレていく姿がとても愛らしかったです(笑)
同時に格差社会はここまでひどいものなのか、とも思いました。その辺にとても憤りを感じますね。
無能な皇子もとても残念です。最後の方に出てくるのでは、と思ってましたが結局出番は無く、とうとう最後まで「無能」で「愚か」な人物で終わってしまった……
カッコいいとこを少しでも見せてくれれば、多少は評価も変わってたんでしょうけど、ただただ残念です。

編集

はじめまして

2010-01-24 アレグレット [URL]

いつも興味深くこのブログを読ませていただいています。ラノベドランカーさんとおなじで、この作品に出会えてあまりにもうれしかったので、足跡を残させていただきます。

個人的には、2回目の

「踊ってよ、シャルル」


に、「そうかそういう伏線だったのか!!」と胸が熱くなってしまいました。

編集

Re: はじめまして

2010-01-25 ラノベドランカー [URL]

アレグレットさん、はじめまして。
> いつも興味深くこのブログを読ませていただいています。ラノベドランカーさんとおなじ
で、この作品に出会えてあまりにもうれしかったので、足跡を残させていただきます。
同じ喜びを感じた同志がいて嬉しいです!

> 個人的には、2回目の
> 「踊ってよ、シャルル」
> に、「そうかそういう伏線だったのか!!」と胸が熱くなってしまいました。
いまだにそのシーンがありありと脳裏に浮かんできます・・・。
本当に熱い物語でした。

編集

2010-01-30 雷舞 [URL]

映画化&このサイトのレビュー&
絵師の森沢晴行さんの絵が好きなので、
つい最近購入しました(*’-’*)
そして
今日の深夜、読み終わりました・・・。

「素晴らしい」の一言です。

これ以上の言葉は要らないと感じました。
表紙のファナは凛々しいのに中の挿絵が
かわいかったのは読破した時、理解できました♪

編集

Re: タイトルなし

2010-02-01 ラノベドランカー [URL]

雷舞さん、こんばんは。
> 「素晴らしい」の一言です。
> これ以上の言葉は要らないと感じました。
私も同感です。多くの言葉は要らないと思います。
兎に角読んでくれと、そういう作品だと思います。

実は映画化には一抹の不安を覚えています。
原作を汚さないでくれればむしろそれで良いと思える程に、この作品は神でした。

編集

はじめまして!

2010-10-31 れぎおん [URL]

読みました!
今まで何冊もラノベを読んできましたが、
ここまで興奮して、笑って、泣いたラノベは初めてでした。
こんなに感動したラノベに巡りあわせてくれたのは
このブログのおかげです!

本当にありがとうございました。

編集

Re: はじめまして!

2010-11-01 ラノベドランカー [URL]

れぎおんさん、こんばんは。
> 今まで何冊もラノベを読んできましたが、
> ここまで興奮して、笑って、泣いたラノベは初めてでした。
> こんなに感動したラノベに巡りあわせてくれたのは
> このブログのおかげです!
れぎおんさんにとって忘れられない本を紹介できたなら本望です。
この本は私にとって未だに色褪せない素晴らしい本です。

これからも当ブログをよろしくお願いします。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/346-f07c634c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。