ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

時の魔法と烏羽玉の夜

2008-10-28

時の魔法と烏羽玉の夜
電撃文庫
著作名:時の魔法と烏羽玉の夜

著者名:在原竹広(ありわら たけひろ)
イラストレーター:GUNPON
発行日:2007/05/25


あらすじ
わたしが行く―― 現在から過去から未来へ。

普通の中学生である光田直日人はある日突然、トミーとジョニーと名乗る二人組の男にさらわれる。
なぜ自分がさらわれるのかわからない直日人に返ってきたのは、「アンタは 『魔術の血』 だからな」 という言葉だった。
軟禁されていた直日人を助け出したのは、ステッキを操り魔法を巧に使う少女、烏羽玉窈子。
彼女もまた直日人のことを 『魔術の血』 と呼んだ。 わけがわからないまま、直日人は窈子に連れられて、烏羽玉家に行くことになったのだが、そこに待ち受けていたものとは……。
在原竹広&GUNPOMが贈る、期待の新シリーズが登場!

レビュー
最後の最後でおもしろさが花開く。

桜色BUMPのコンビが贈る新シリーズ!
って、新シリーズ?!
どうみても一巻完結。綺麗に話が終わってる。
錯覚だろうか。

題名からも解るように「時」と「魔法」のお話。

入りは何とも普通のラノベらしいファンタジーもの。
魔法の設定自体にも、キャラクターにも特別目を引くところは無く惰性的に話が進んでいく。

このままよくあるパターンで話が終わるのか、とがっかりし始めたところで逆転劇が起こる。
ちょっと疑問に思っていた程度の些細な伏線が突然姿を変える。

書くとネタバレになってしまうので詳細は伏せるが、この話の展開には正直驚いた。
平坦な道を歩いてたらいきなり穴に落ちてしまったような気分。

「時」という題材の使い方は人それぞれ。
うまく使えれば心揺さぶられる話が出来上がる。
この話も例外では無かった。

読み終えたあとの余韻は何ともいえない満足感と共に。

著者の腕の良さが垣間見られる良作。
前半がもうちょっと面白ければ★5つ付けたんだけど・・・。


評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします



スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 1 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2009-08-06 れぎおむ [URL]

今さっきこの本を読み終わりました。
あのラストはすごくよかったです。ああ、またいい本に出会ってしまった。窈子ちゃん可愛い。
これは続巻でサザエさん的なほのぼのした話+2人のイチャイチャを見たいですね(笑)
奇跡でもおきない限り続巻はないと思いますが(笑)

それでは。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/360-ce711599

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。