ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

バカとテストと召喚獣4

2008-12-13

バカとテストと召喚獣4
ファミ通文庫
著作名:バカとテストと召喚獣4

著者名:井上堅二(いのうえ けんじ)
イラストレーター:葉賀ゆい(はが ゆい)
発行日:2008/6/11


あらすじ
ペッタンコ(の気持ち)は揺れる! 待望の第4巻!!

美波から衝撃のキス! 驚きのあまり呆気に取られる明久。現場にはFクラスの面々が現れ、すぐさま臨時査問会(公開処刑と同意語)が執り行われることに! しかしそんな彼らをよそに、他のクラスはFクラスに対する武力制裁の準備を進めていた! 最大のピンチを切り抜けるため、雄二が繰り出す作戦とは? そして作戦遂行のため、ペッタンコはゆれまくるのだった――! 「…………矛盾してる」(by ムッツリーニ)待望の青春エクスプロージョンラブコメ、フォー!!

レビュー
バカと恋の詰め合わせ?

このシリーズにおいて最も優先されるべき事項、それはバカ度。
ラブコメしようが何しようがバカが居ればそれでいい。

そして今回もきっちりバカ共は大活躍。
掛け合いのキレは少し落ちていたが、それでもバカはバカだった!
裏切り者に対するFクラスの団結ぶりはある意味素晴らしい。
諮問委員会という名の処刑場がこの巻でFクラスが一番輝いていた場ではなかろうか。

今回はラブコメ要素が多かったためか、少しバカが控えめだった印象がある。
奴らのラブコメはバカの中でこそ光るものだと信じて疑わない私には、少しラブコメ分が多すぎたように感じた。

また一問一答のギャグがイマイチだったのが残念。
いつもこのページでもやられていたので身構えてしまったのが仇となったか。

問題なく面白かったのだが、切れ味が少し鈍かった印象がある。
ちょっと真面目な内容が多すぎたのか?

しかしこれだけ文中に「バカ」を惜しげもなく投入できる作品は他にない。
バカの数=この作品への愛の大きさということで。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします



スポンサーサイト

ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/378-067bd92a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。