ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

電波的な彼女

2009-01-08

電波的な彼女
スーパーダッシュ文庫
著作名:電波的な彼女

著者名:片山憲太郎(かたやま けんたろう)
イラストレーター:山本ヤマト(やまもと やまと)
発行日:2004/9/30


あらすじ
見知らぬ少女から誓われた忠誠……
ケンカ上等の不良少年・柔沢ジュウは、突然見知らぬ少女に忠誠を誓われた。電波系の彼女・堕花雨の奇妙な言動にジュウは戸惑う。さらにクラスの人気者・如月美夜を加え、ジュウは振り回される一方。ある時、連続通り魔殺人の現場に居合わせたジュウは、雨が怪しいと疑い始める。

レビュー
片山作品独自の雰囲気はデビュー作から健在。

「紅」のコンビが贈る、片山先生のデビュー作。
発売が2004年9月と約4年半も前の作品らしい。

発売当時からこのタイトルは知ってはいた。でも買わなかった。
韓国映画の「猟奇的な彼女」とタイトルがもろかぶりで、パクリとしか思えなかったから。
「あーはいはい、狙ってるタイトルだねぇ」と一蹴した記憶が未だにある。

それから4年。「紅」を読んで気持ちが変わった。
紅の原点(?)となった作品を読みたい。
紅と世界観の繋がった作品を読みたい。

それが手に取った理由。

紅香さんの○○が主人公なんて・・・設定だけで熱い。

さて、レビュー。

電波少女・堕花雨に突然忠誠を誓われた柔沢ジュウの心情の変化の表現が絶妙。
拒絶の念しかなかったジュウの心の中に、段々と雨の居場所が出来てくる過程の描き方が上手い。

不可思議電波娘の雨の目的も、何もかもが謎だけど憎めない。むしろ好感が持てる。
さらに前髪上げたら美人だったというベタな属性も持ってるのがGOOD!

そんな不良×電波に猟奇殺人が加わりしっかりサスペンスをしている。
山あり谷ありな息が付けない展開が続く。

ジュウも多少強いけどただの一般人なところが良い。超展開が無いから、話がしっかりまとまる。
ラストシーンとか思わずニヤケてしまった。

「紅」とは毛色が多少違うけれども、根っこの部分で片山先生らしい部分が繋がっている。
これは読んで貰えば解ると思う。

文にするとしんどそうなので、「どういうこと?」と思った人は読んで頂きたい。

中身はあるのに重く感じない。ラノベの鑑な作品。


評価
★★★★☆
(4.5)


一押しお願いします



スポンサーサイト

スーパーダッシュ文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/389-3517dab0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。