ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

葉桜が来た夏2 星祭のロンド

2009-01-27

葉桜が来た夏2
電撃文庫
著作名:葉桜が来た夏2 星祭のロンド

著者名:夏海公司(なつみ こうじ)
イラストレーター:森井しづき(もりい しづき)
発行日:2008/9/10


あらすじ
身体能力と科学技術に優れ、女性のみで構成される異星人――アポストリ。その評議長の姪、葉桜と共棲することになった南方学は、人間とアポストリの交流フォーラムに出席するため東京を訪れた。
そこで二人は星野友深と名乗る、奇妙な少女と出会う。
素性も事情も話さず、とにかくアポストリ居留区駐在日本大使である学の父に連絡をとって欲しいという彼女には、謎のアポストリハンターや自衛隊からの追っ手がかかっていて――。はたして彼女と正体と逃避行の行方は? 強がりだけど少しドジな星野がかわいい第2弾!

レビュー
これは素晴らしいツンデレ本だ。

私は新たなツンデレ教本を手に入れた!
と思わず興奮してしまう程に葉桜が素晴らしい。

なにこの絵に描いたようなツンデレ。
一巻でこんなに葉桜が学を好きになる要素ってあったっけ?
思わず訝しんでしまう程に葉桜が学ラブになっていてびっくり。

正直続きが出たことに驚いたが、この2巻で色々と伏線を張ってきた。
話を広げてきたということはシリーズ化したということだろうか。

だとするなら今後も新たなツンデレ姫・葉桜の勇姿が拝めるという点で大歓迎。

謎に包まれたアポストリ・星祭がメインの話で、彼女は「強がりで生意気ですこしドジ」とまで推されている。
確かに星祭も可愛かった、でもなぜだろう葉桜の引き立て役みたいにしか見えないのは・・・。
でもね、星祭の最後の一言はいけないと思う。あれは・・・凶器だ。

女ターミネーター襲来!
学、葉桜、星祭の逃避行の結末やいかに?!
ってのが一番ざっくりとした2巻の内容。

様々な設定が飛び出して話は大きく膨らんだが、正直それどころじゃない(ぉ
こんなにキャラが立ってくるとは思わなかった。

これはうれしい誤算。


評価
★★★★★
(5)


一押しお願いします



スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/402-6eca4982

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。