ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

不思議取り扱います 付喪堂骨董店4

2009-02-07

“不思議”取り扱います  付喪堂骨董店4
電撃文庫
著作名:“不思議” 取り扱います 付喪堂骨董店4

著者名:御堂彰彦(おどう あきひこ)
イラストレーター:タケシマサトシ
発行日:2008/7/10


あらすじ
人生を大切にしたい方は、使いすぎにご注意下さい。

不思議な力が宿った器物、アンティーク。
今日も贋物を掴まされた美人が嘆いています。
つまり付喪堂の店頭にまたガラクタが増えた訳です。
アンティークは人を選ぶのか、切にその存在を願っている者の手に渡ることがあるようです。
ある少年の話をしましょう。
幼馴染みの恋多き少女のキューピッド役をする少年がいました。
彼は運命の赤い糸を自由にできる指輪を手に入れたのです。
人の運命を握ってしまった少年はどうなるのでしょう?
それは本来の出会いを捻じ曲げてしまうわけで……。
あなたならそれでも使いますか?

レビュー
雰囲気はより深みを増してきた。

シリーズ4作目のこの巻、3巻で固まった方向性がそのまま継承されている。

アンティークという不思議な道具と、それに関わる人間の物語。
「アンティーク」というアイテムの配置が相変わらず上手い。
決してメインとしては出張ってこず、それを使う人間に焦点があたるような物語構成は良い。

ものはあくまでものでしかない、使う人間次第という当初からの観点は捨てないで欲しい。

全4話の構成のうち3話は暗めの話という基本構成は3巻と同じ。
アンティークに関わった者達の結末はどういう訳かいつも物悲しい。

しかし咲の可愛さがどんどん上がっているのはどういうことなのだろうか。

このシリーズのレビューの半分くらいは咲への賞賛に当てられてる気がする。
しかしそれも致し方ないこと。
アンティークよりも咲がメインとしか思えない。

今回も良い咲ちゃんを読ませて貰った。

この調子で5巻の咲が超絶破壊力を保持したら、レビュー全体が咲の話になりかねない。
なんて危険なヒロインだろうか。

5巻でも咲に大きな期待が寄せられる。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/407-5942b841

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。