ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

不思議取り扱います 付喪堂骨董店5

2009-05-03

“不思議” 取り扱います 付喪堂骨董店5
電撃文庫
著作名:“不思議” 取り扱います 付喪堂骨董店5

著者名:御堂彰彦(おどう あきひこ)
イラストレーター:タケシマサトシ
発行日:2009/01/10


あらすじ
この品で幸せになれるかはお客様次第、あしからず。

付喪堂に不釣合いに置かれたパソコン。先端科学の利器とは縁遠い無表情な少女はどう扱っていいかわからない様子です。わいわい騒ぐ様はのどかで平和そのものですが、それだけお店は暇なのでした。ですが、客と巡り合えなくても、アンティークとは巡り合えてしまうのが不思議なもの。
懸賞が当たった、テストのヤマが当たった。そんな思いもかけぬ幸運をもたらすというバングルがあるのです。ですが、その見返りが周りの人の不幸だとしたら……。周囲が苦しむのを見て、人は幸せに思えるのでしょうか。あなたはいかがですか?

レビュー
不思議、取り扱ってます。

今回も全4話構成。
様々な手段で幸運を呼び寄せるアンティークを巡る「幸運」。
世界の悪意を封じ込めたという壺を巡る「希望」。
言葉を伝えるアンティークと母の愛が絡み合う「言葉」。
咲が萌え萌え~キュン!な「本音」。

アンティークがもたらす結果は使う人それぞれ。
これまではアンティークに振り回されるパターンが多かったけれど、今回はそうではなかったのが印象的。
特に「希望」「言葉」の2編ではアンティークを凌駕する人の想いに心打たれた。

そして大トリの「本音」。
もう咲については多くは語らずとも良いだろう。
語り出したら止まらなくなること請け合いでもあるし。

お互いを意識し始めた二人のデート。
表情に出ない咲が内心で思っていることの乙女純度の高さはもはや毒。

刻也も失敗続きのリカバリで打ったあの手はさりげに凄いと思うのだがどうか。
「コトノハ」の使い方として理想的。
咲の憎まれ口の裏にある照れがまたしても最高。

咲成分もさることながら、その他3話も読み応えがあり大変満足度高し。
★は文句なしの5つ。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/437-a88b7be9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。