ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

マリア様がみてる ハローグッバイ

2009-05-09

マリア様がみてる ハローグッバイ
コバルト文庫
著作名:マリア様がみてる ハローグッバイ

著者名:今野緒雪(こんの おゆき)
イラストレーター:ひびき玲音(ひびき れいね)
発行日:2009/1/10


あらすじ
紅薔薇さまである祥子と黄薔薇さまである令も、ついに卒業する。卒業生の胸に花をつける係としてお姉さまのいる三年松組を訪れた祐巳は、祥子からあるものを渡されて…!?一方、菊組の令に花をつけるのは、由乃ではなく田沼ちさとで!?元薔薇さまの聖・蓉子・江利子もリリアン女学園に集合し、それぞれの思いを胸に、今、別れのときを迎える。「さようなら、お姉さま」。

レビュー
さようなら、お姉様。

やっっっっっっっっっっっっと完結した!(第一部が)

都合34冊、10年8ヶ月だそうな。
私が高校生の時にこの作品に出会って、早8年ということにもなる。
長すぎる・・・色んな意味で。
それだけ愛されてきたシリーズだということでもある。

もはや多くは語るまい。
ここまできたら黙って読めばいい。そう、ただ読めばいい。
8年分の思い出もあってか、卒業という言葉は心にずしりと来た。
それこそ自分の高校卒業の時よりも(ぉ。

最後に黄薔薇さん家がやってくれたことはびっくりしたが、素晴らしい締めでもあった。

山百合会の面々は変わってきたが、その中核にいた祥子様・令様がいなくなるのはやはり大きい。
残った面々が役不足というわけではないが、お姉様方が居なくなったマリみてが想像できないのも事実。

そう思うと余計「終わったんだな」と思えてくる。

話の上では第一部完。
でもどう考えたって集英社が続きを出さない訳がない。
第二部が惰性の駄作にならなければ良いが・・・。

とはいえ、それはそれ、これはこれ。
これまでの感動を、そして素晴らしいエンディングをありがとう。


評価
★★★★★
(5)


一押しお願いします



スポンサーサイト

コバルト文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/444-66fff727

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。