ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

人類は衰退しました③(3)

2009-05-28

人類は衰退しました3
ガガガ文庫
著作名:人類は衰退しました③(3)

著者名:田中ロミオ(たなか ろみお)
イラストレーター:山崎透(やまざき とおる)
発行日:2008/04/23


あらすじ
妖精さんが、里から消える……!?
わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は”妖精さん”のものだったりします。そんな妖精さんと人間との間を取り持つのが、国際公務員の”調停官”のお仕事。……閑職ですが。そんな絶賛衰退中の人類のすべての記録を目指した、ヒト・モニュメント計画の影響で通電することとなったクスノキの里では、”夏の電気まつり”が開催されることに。一方、妖精さんは里帰り。……!? 妖精さんがいなくなる!? 微妙なお別れののち、わたしたちは都市遺跡の調査に向かったのですが……。エネルギーの補給は計画的に!

レビュー
今回は大冒険!

閑職であること良いことに普段まったりと仕事をしている主人公が遺跡の調査隊に抜擢され迷って乾いてあら大変!な話。
インドア派がアウトドアの厳しさを知る話。
水分の大事さがわかる話。

3巻では妖精さんが電磁波にやられて里帰りしてしまうので、彼らのボケ成分が足りないのが残念なポイント。
だからこそ所々で現れる妖精さんの愛らしさに悶えること必須。

妖精さん不在にも関わらず、主人公の一人ノリツッコミは健在。
笑いのツボはしっかりおさえてくる安心設計。

願わくばもっと妖精さんに出番を!と思うが、それでも十分に笑える。
最後の最後にある絵本のオチは酷すぎる。

完全に油断したタイミングでのあの仕打ち。また噴き出してしまったではないか。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします


スポンサーサイト

ガガガ文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/452-fbe6d398

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「人類は衰退しました」が面白かったが碌な感想がかけなくて語彙構成力の衰退を感じる

2011-04-06 amazonをみるひと

人類は衰退しました (ガガガ文庫)(2007/05/24)田中 ロミオ商品詳細を見る 人類は衰退しました | 一方でアニメ企画は進行中です http://www.mmv.co.jp/special/jintai/ 応援コメント | 人類は衰退しまし...

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。