ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

レジンキャストミルク6

2009-06-04

レジンキャストミルク6
電撃文庫
著作名:レジンキャストミルク 6

著者名:藤原祐(ふじわら ゆう)
イラストレーター:椋本夏夜(くらもと かや)
発行日:2007/03/25


あらすじ
虚軸発生の原因となった男が現れた目的とは!?

城島晶の父親、城島樹。 虚軸発生の原因となったその男は 【無限回廊】 の画策によりこの世界へと戻ってきた。
連れ去られた芹菜の行方は? 樹の目的とは? 樹を虚軸へと送った本人である 【無限回廊】 はなぜ樹と行動を共にしているのか……。
晶たちはすべてを知るため、樹の元へと赴くが――。 衝撃の真実が綴られる第6弾。

レビュー
正直、そろそろ誰か死ぬんじゃないかと思ってた。

ルナティック・ムーンだとそろそろ全滅ルート開始な頃合だったので・・・。
どう考えてもハッピーエンドには転がりそうにない展開は相変わらず。

ネア先生の意外な秘密や、無限回廊がなぜあんなにも粘着質だったのか等の「衝撃の真実」がてんこ盛り。

日常と非日常がひっくり返って、これまで平然と「利用」してきた他のキャストとの関係に悩む晶が印象的。
親父との確執が酷いようだが、その親父にいまいちカリスマ性が無いのと、これまでの親父の所業の酷さが解らないために共感しきれなかった。
どうにも歪んだ両親であることは感じ入ることが出来たのだが。

衝撃のカミングアウトの他にも激しいバトルやらボンテージ(これ重要)やら中身は盛り沢山。
ネア先生の出演率がかなり高かった気がする。(カラー漫画での昔のネア先生に惚れた。)
一体何フラグなのかが気になるところ。

予想通り物語には大きな進展があった。
まだメインキャストに死亡者がいないということは、これから惨劇があるのだろう、きっと。

最強だが使い勝手も最悪の部類の「全一」がキーを握るのは間違いない。
でも「全一」だけじゃ事態は収拾できなさそうだし、どう話を転がり落としていくのか楽しみ。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/457-a389abf7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。