ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

とらドラ8!

2009-06-14

とらドラ8!
電撃文庫
著作名:とらドラ8!

著者名:竹宮ゆゆこ(たけみや ゆゆこ)
イラストレーター:ヤス
発行日:2008/8/10


あらすじ
始業式前日。 インフルエンザからようやく回復したものの、精神的にはいまだ立ち直れない竜児に、大河は自立宣言を突きつける。 それは……、他ならない竜児と実乃梨のため。
そして幕を開ける新学期。竜児はぎくしゃくしながらも、実乃梨となんとかもう一度向き合おうとする。
折りしも学年最後のイベント・修学旅行が目の前に迫っており、竜児はそこで実乃梨の真意を確かめようと決意するが――。
なにやら雰囲気の変わった大河と北村、新学期になってやたらと突き放すような態度をとる亜美。
それぞれの思惑を秘めた修学旅行の行方は……!?

レビュー
なにやら痛々しい展開に。

ずっと違和感があった事象が爆発。
みんなが大怪我を負った。

8巻をまとめるとこんな感じ。
わかりにくいまとめになってしまっていて申し訳ない。

でも他に書きようがなかったり・・・。

みんながごまかしごまかしやってきたことに限界がきて袋が爆発してしまった。
亜美はこうなること気づいてたみたいだけど、傷を負った張本人でもあるややこしい存在。

とらドラには珍しい鬱展開勃発だが、これまで鬱々とはっきりしなかった部分が明らかにもなる。

やっと「ラブ」コメになってきたな、という印象。
素直じゃない連中ばかりなのでひねくれた展開になってきたが、これもとらドラの魅力だろう。

巻末のカオスな状況を9巻でどういじってくるのか楽しみ。


評価
★★★★
(4)

一押しお願いします



スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/462-9d713537

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とらドラ8!の感想レビュー(ライトノベル)

2009-06-15 萌えレビュ!

・アニメ版のメインキャストが発表されて、ますます期待の高まる電撃文庫のラノベ、とらドラ!シリーズ8巻(竹宮ゆゆこ先生原作、ヤス先生イラスト)の感想レビュー...

ホーム

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。