ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

レジンキャストミルク 7

2009-06-17

レジンキャストミルク7
電撃文庫
著作名:レジンキャストミルク 7

著者名:藤原祐(ふじわら ゆう)
イラストレーター:椋本夏夜(くらもと かや)
発行日:2007/06/25


あらすじ
重なり合う虚(フェイク)と実(リアル)。 物語はいよいよクライマックスへ!

全ての【虚軸(キャスト)】を消滅させて世界の統合を図ろうとする城島樹。その計画の核となった城島鏡と無限回廊(エターナル・アイドル)。
彼らの企みを阻止するため、そして連れ去られた芹菜を奪還するため、ついに晶と硝子は反撃を開始する。しかし、偽物の晶という存在を憎悪する無限回廊は、既に次の一手を打っていた。
無限回廊が待つ場所へ攻め込む晶と硝子。
ふたりの留守をつき学校を襲う、新たな敵。それを迎え撃つ蜜や殊子たち――。
二箇所で繰り広げられる戦いの中、思惑と策略が交差するその先に待ち受けるものは……!?

レビュー
ついに始まったバトルロワイヤル。

藤原先生お得意の誰が死んでもおかしくない全面戦争勃発。

一冊を通して殆どバトル展開。
晶チームと樹チームの手に汗握る攻防が熱い。
といっても全容の掴めない樹チームに押されがちなのは相変わらず。

6巻で良くないフラグが立っていたあの人に異変が。
まさかとは思っていたけど、一番なさそうだと思っていただけに衝撃は大きい。

そして開かれる蜜の虚界渦。
そいや登場人物でこの子だけ開いてなかったな。
どのキャラでもそうだけど、虚界渦を開いた時の重苦しくて、ざわっと来る描写は秀逸。
一つの世界が開く音がするようで非常に素晴らしいと思う。

激しい戦いの末に訪れる悲しい結末には思わずほろりと来るシーンもあり、シリーズ中最高の盛り上がりを見せている。

7巻は物語の起伏が激しく、最終的には沈む終わり方。
だからこそ最終巻への繋ぎとしては最高と言える。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/463-9ea6290c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。