ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

アイゼンフリューゲル

2009-10-16

アイゼンフリューゲル
ガガガ文庫
著作名:アイゼンフリューゲル

著者名:虚淵 玄(うろぶち げん)(ニトロプラス)
イラストレーター:中央東口(ちゅうおうひがしぐち)
発行日:2009/07/22


あらすじ
伝説のタッグが復活! オリジナル新作!
高速レシプロ機エトピリカの操縦桿を握りながらカール・シュニッツは目を懲らした。大空の彼方に見えたのは、眩いほどに輝く一対の翼。鱗粉のように撒き散らされる光の礫。それは、未だ人類が到達できない領域の存在――虹龍の雄姿だった。「彼らが舞うあの世界は、痛みも悲しみもない場所に違いない」少年の頃からずっと……そしていまもなおカールはそう信じてやまない――。これはまだ、龍の翼に神秘があった頃の物語。遙かなる神々への領域を目指した、挑戦者たちの記録。ニトロプラスの名作『吸血殲鬼ヴェドゴニア』『沙耶の唄』で知られる伝説のタッグが復活。完全オリジナル新作始動!

レビュー
漢の一途な空への想いが心に火をつける。

ニトロプラスの看板作家のタッグによるラノベ。
思わず作家買いしてしまったが、期待通りの名作。

龍と呼ばれる未知の存在が空の支配者であった時代。
その神々に人の技で挑んだ、空に生きる漢たちの物語。

人は龍に飛行機(戦闘機)という技術で追随する。
レシプロ機からロケットエンジン搭載機への変遷期。
純粋に速く飛ぶ事を切望しながらも、新型機の軍事利用が避けられない情勢。

主人公であるカールはパイロットとして稀代の才能を持ちながらも、地上に生きる人としてとても不器用。
空を飛ぶために軍に入り、戦争で一度壊れてしまった弱い男。
空に上がれば万能に近い能力を発揮するくせに、地上ではてんでダメなギャップが良い。

龍といえば荒々しく、暴力的なイメージがあるが、今作では違う。
空の覇者として、空を速く翔けることを最も尊いこととし、勝者にも敗者にも敬意を示す紳士。
しかしひとたび勝負となれば、猛狂う神の如く容赦なく攻め立ててくる。
そんな誇り高き龍がまずもって目新しく、新鮮。

龍と飛行機のドッグファイト、空を翔ける者同士の意思疎通、航空機の細かな設定等、非常に熱い要素がてんこ盛り。

この本を読んで熱い気持ちになれなかったら男じゃない。
なんて断言したら色々とバッシングされそうだが、それ位言いたくなる完成度。

龍と飛行機・戦争という一見相容れない要素が見事に相乗し、独特の世界を作り出す。

これは面白い。とても深くのめり込める。一読の価値あり。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

ガガガ文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/503-a03f77c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。