ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

這いよれ! ニャル子さん2

2009-11-01

這いよれ!ニャル子さん2
GA文庫
著作名:這いよれ! ニャル子さん2

著者名:逢空万太(あいそら まんた)
イラストレーター:狐印(こいん)
発行日:2009/07/31


あらすじ
なんやかやと八坂家に居着い1てしまった、ニャルラトホテプ星人のニャル子。その処遇に頭を悩ませていた真尋のもとへ、新たな頭痛の種――クトゥグアのクー子――が舞い込んできたのだ! ニャル子だけでも持てあましているのに、その上クー子まで……。どうせならまとめて二人ともご退場願おうと思案する真尋だったが、やって来たクー子曰く、またも地球に悪影響を及ぼすような事態が起こっているというのだ!

レビュー
物語は新たな次元へ・・・。もっと這いよれ!ニャル子さん!

新クトゥルーは止まることを知らない。
クトゥルーネタのパロディは止まず。クトゥルーネタ以外のパロディも止まない。
やりたい放題し放題。自由自在のネタ嵐。

真尋の目覚まし時計の効果音はもしやっ・・・と一つ一つの小ネタにも敏感になってしまう。

1巻で半殺し・・・というより9割殺し位にされたクー子が八坂家に闖入しさらにカオスは増大。
真尋のフォークは鋭さを増し、邪神や旧支配者まで餌食にするという超絶武具に。

元ネタ(クトゥルー神話)は凄く重いはずなのに、それを一片たりとも感じさせない。
軽快なギャグにはブレーキという概念が無いのだろう。ずっと走りっぱなしだった。

真尋のニャル子へ対する冷たさは真性。相手が無貌の神とはいえ、彼のS具合には痺れる。

一つだけ気になることがある。
ニャル子のスタイル(特に胸は)「平均以上」と本文では表記されてるんだけど、イラストではどうみても貧・・・うはっ、何か這い寄ってきたうひゃああああああああああ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

1巻で「これは楽しい」と思えた人は2巻も絶対楽しめる。
逆に1巻が肌に合わなくて2巻の出来次第と考えてた人にはオススメ出来ない。
なぜなら1巻がより加速したのが2巻だから・・・。

元ネタが元ネタだけに好き嫌いも出てきそうだが、単純なギャグコメディとしても本作は一級品。
3巻ももちろん読みます。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

GA文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/514-34b12b19

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。