ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

電波女と青春男2

2009-11-07

電波女と青春男2
電撃文庫
著作名:電波女と青春男2

著者名:入間人間(いるま ひとま)
イラストレーター:ブリキ
発行日:2009/05/10


あらすじ
あーあー、こちら宇宙人が見守る町。エリオの社会復帰をおとどけする。

E.T.ごっこして自転車で宙を駆け抜けた夜を経て。布団ぐるぐる電波女の藤和エリオが、ついに布団を脱ぐ決意をした……のはいいんだが。
なぜ俺の傍を離れないんだ?え?バイトの面接に付きあえって?そしてなんでお前は、生まれたての雛が親鳥を見るような目をしてるんだ?うーむ、こつこつ貯めた俺の大切な青春ポイントが、エリオの社会復帰ポイントに変換されている気がする……。
しかもそのエリオの脱電波系少女ミッションが一人歩きして。天然健康少女のリュウシさんとコスプレ長身美人の前川さんが俺の家に遊びに来たり(しゅ、しゅらーば)、みんなでロケット遊びしてる最中、女々さんの秘密と遭遇したり。……というわけな第2巻。なんだかんだで青春、なのかなぁ。

レビュー
電波女の社会復帰ストーリー=青春ラブ(?)ストーリー

電波女が布団から出てきた。
その後のリハビリ話かと思いきや、全力で青春成分を放出する甘酸っぱいお話になっていた。

布団から出てきたエリオの粒子が全開。
リュウシさんも何やら青春爆発。タオル一枚とか最高。
前川さんは・・・まぁいいか。

真の周りがにわかにハーレム化してきやがった。
うらやましい。

入間先生特有のブラックユーモアが抑え気味だったことに驚いた。
なんというか、真っ当な青春話なんだもの。
エリオとリュウシさんが無駄に可愛い。

こうもストレートな(捻くれてない)入間作品に違和感を覚えつつも、これはこれで全然アリだと思う。

入間作品の特徴は多少薄まっているが、これ位が疲れずに読めてちょうど良い。
時折アクセントのようにブラックユーモアは飛び出すし。
1巻とは随分路線が変わっているけれども、これは改良と言えるだろう。

入間先生の新たな可能性を見た。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/516-996a0977

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。