ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ソードアート・オンライン1 アインクラッド

2009-12-27

ソードアートオンライン1
電撃文庫
著作名:ソードアート・オンライン1 アインクラッド

著者名:川原礫 (かわはら れき)
イラストレーター:abec
発行日:2009/04/10


あらすじ
「これは、ゲームであっても遊びではない」

クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の“死”を意味する──。謎の次世代MMO『ソードアート・オンライン(SAO)』の“真実”を知らずログインした約一万人のユーザーと共に、その過酷なデスバトルは幕を開けた。
SAOに参加した一人である主人公・キリトは、いち早くこのMMOの“真実”を受け入れる。そして、ゲームの舞台となる巨大浮遊城『アインクラッド』で、パーティを組まないソロプレイヤーとして頭角をあらわしていった。
クリア条件である最上階層到達を目指し、熾烈な冒険(クエスト)を単独で続けるキリトだったが、レイピアの名手・女流剣士アスナの強引な誘いによって彼女とコンビを組むことになってしまう。その出会いは、キリトに運命とも呼べる契機をもたらし……。果たして、キリトはこのゲームから抜け出すことができるのか。

レビュー
ファンタジーも恋愛も満点クラス。究極のMMO世界が開く。

ここまで積んでた事に深く反省した。これは名作だ。
個人的にはアクセル・ワールドより全然好き。

クリアするまでは脱出不可能、ゲームオーバーは死を意味するオンラインゲーム。
昔「.hack//SIGN(ドットハック・サイン)」という同じような世界観のアニメ作品があり、当初はそれに近いのかなと思っていた。
しかしオンラインゲームを題材にしている点で多少の共通項はあるものの、.hackとは別物。

ソードアート・オンラインというMMOの中で生きる人々の描写、その世界観、設定の作り込みは秀逸。
「これは、ゲームであっても遊びではない」という言葉の重みがとてもよくわかる。

私はオンラインRPG未経験者なので、ファンタジーとしての側面を強く感じつつ読んだ。
しかし経験者はまた違った視点をもって本作品を読めるのだろう。
とはいえ全くオンラインRPGを知らない訳ではない。経験者視点で見ても楽しいに違いないと思える。

死と直結したゲームの世界で、誰とも交わらず、常に最前線に立つソロプレイヤー・キリト。
彼のこの世界の生き方は、孤独で、影のある重苦しいもの。
そんな彼にひょんなことから出会い、惹かれている少女・アスナ。

キリトとアスナのラブストーリーもこの作品の重要要素。
少し急な展開な部分もあるが、この二人を見てとてつもなく癒された。
私に最近不足していたラブストーリー分は過剰なまでに補充完了。
読んでるこっち側まで幸せな気分になれる恋愛話は最近無かった。

ラブ&ファンタジー。これがソードアート・オンライン。

エンディングはある意味予想だにしない形を取る。
とはいえ続巻は3巻まで出ている。どういう繋がりなのだろう。

2009年の傑作を年内に読めてよかった。


評価
★★★★★☆
(5.5)

一押しお願いします
スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 3 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

ありがとうございました♪

2010-01-23 riku [URL]

この記事を読んでいて、『この本面白そうだなぁ』と思って今日購入しました!!
この記事がなかったら僕はこのラノベを知らなかったと思います・・・本当にありがとうございました!!!
これからも応援してるので頑張ってくださいね☆

ランキングも毎日押してます♪

編集

Re: ありがとうございました♪

2010-01-25 ラノベドランカー [URL]

rikuさん、はじめまして。
> この記事がなかったら僕はこのラノベを知らなかったと思います・・・本当にありがとうございました!!!
本との良い出会いをプロデュース(?)できたようでとても嬉しいです。

> これからも応援してるので頑張ってくださいね☆
どうもありがとうございます!頑張って更新していきますので、よろしくお願いします。

編集

2010-02-07 れぎおむ [URL]

両手を使わずに、脳波で動かす技術は現実に存在するので、遠い未来にはこんなことが本当に起こるのかな? と、変な風に考えてしまいました(笑)
まあそうなったら僕は、穏やかな所で釣りでもやってます。
そして近所の若い夫婦のラブラブ生活を、微笑みながら見守って生きたいです。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/541-83754796

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ソードアート・オンライン(1)アインクラッド

2011-05-10 読書クラブ

ソードアート・オンライン〈1〉アインクラッド (電撃文庫) [文庫] / 川原 礫 (著); ...  著者: 河原 礫  発行者: アスキー・メディアワークス kato(s)です。 ライトなものを読みたいと思い、 人気の高そうなものに手を出してみたw で…選んだのがこの 「…

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。