ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ヴァンダル画廊街の奇跡

2010-02-12

ヴァンダル画廊街の奇跡
電撃文庫
著作名:ヴァンダル画廊街の奇跡

著者名:美奈川護(みながわ まもる)
イラストレーター:望月朔(もちづき さく)
発行日:2010/02/10


あらすじ
絵画を瞳に宿す少女エナ。彼女が秘めた、願いと想いは──。

人は誰もが、
心の中に一枚の絵を持っている──。

統一された政府により、様々な芸術が規制を受け始めた世界。しかし、そんな世界各地の壁面に封印されたはずの名画が描き出される事件が起こる。

『 Der Kunst Ihre Freiheit! (芸術に、その自由を!)』

絵とともにそう書き残していく<アート・テロリスト>を、人々は敬意をこめて「破壊者(ヴァンダル)」と呼んだ。
政府を敵に回すという危険を冒してまで彼らが絵を描く理由とは。そして真の目的とは──?
第16回電撃小説大賞、<金賞>受賞作!

レビュー
芸術が封じられた世界で名画が伝えるもの。

大戦の後、世界が一つの政府の元に統一された。
世界政府は表現・思想の自由こそが闘争を引き起こすとし、芸術を制限した。
旧時代の芸術は封印され、新たな芸術も文化制定の名の下に制限を受ける世界。
そんな世界でアート・テロリスト「破壊者(ヴァンダル)」は世界各地で名画を描き残し、人々を騒がせる。
ヴァンダルの目的は一体?

といったあらすじの第16回電撃小説大賞「金賞」受賞作。
読んでいて世界観、設定が「ラジオガール・ウィズ・ジャミング」に似ていると感じた。

絵画をモチーフにした物語だが、絵画に詳しくなくても問題ない。

「人は誰もが、心の中に一枚の絵を持っている。」
このフレーズが物語の軸であり、終始一貫ブレずに話が展開されていくのは素晴らしい。
危険を冒しながら、それでも何かを伝えるべく絵を描くエナの強さが沁みる。

しかし、「あと一歩」という印象がぬぐいきれない。
パンチが深く食い込んで来ない。惜しい当たりは何度もあるのだが。。。

あとインターポールの2人の立ち位置が不明すぎる。
銭形のとっつぁんみたいにストーカーの如く追いかけてくるのかと思いきや想像以上に外野。
最後まで役回りが味気ない。序盤から登場していながら居なくても物語が成り立ちそうなのは頂けない。

作品の雰囲気やモチーフは独特で良いのだが、感動するまでに至れず。
序盤のストーリーを後半で活かせてないように思える。ラストも引っ張った割にはあまりにあっけない。
あとちょっとなんだけど、高く飛びきれなかった。
辛口気味だけど、これは金賞への期待の大きさ故。


評価
★★★★
(4)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 2

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/568-cf268f46

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

美奈川護 ヴァンダル画廊街の奇跡

2010-02-14 たかいわ勇樹の徒然なる日記

 今月発売の電撃文庫は第16回電撃小説大賞の受賞作が出ていますが、中でも金賞受賞作の美奈川護作「ヴァンダル画廊街の奇跡」が、「ギャラリーフェイク」などでアートに多少の興味と知識があり、私自身も創作をすることから興味を引きましたので読んでみました。

ヴァンダル画廊街の奇跡

2010-02-18 サイとはいかが?

ヴァンダル画廊街の奇跡 (電撃文庫)(2010/02/10)美奈川 護商品詳細を見る ◆基本データ 著者:美奈川 護 イラスト:望月 朔 出版:電撃文庫 初...

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。