ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

神さまのいない日曜日

2010-03-25

神さまのいない日曜日
富士見ファンタジア文庫
著作名:神さまのいない日曜日

著者名:入江君人(いりえ きみと)
イラストレーター:茨乃
発行日:2010/01/25


あらすじ
十五年前。神様は世界を捨てた。人は生まれず死者は死なない。絶望に彩られた世界で死者に安らぎを与える唯一の存在“墓守”。「今日のお仕事、終わり!」アイは墓守だ。今日もせっせと47個の墓を掘っている。村へ帰れば優しい村人に囲まれて楽しい一日が暮れていく。だけどその日は何かが違った。銀色の髪、紅玉の瞳。凄まじい美貌の、人食い玩具と名乗る少年―。その日、アイは、運命に出会った。「私は墓守です。私が、世界を終わらせません!」世界の終わりを守る少女と、死者を狩り続ける少年。終わる世界の中で、ちっぽけな奇跡を待っていた―。

レビュー
第21回ファンタジア大賞「大賞」受賞作。

発売から時間が経ってしまっているが、冠買い。
ファンタジア大賞入選作は「黄昏色の詠使い」以来手を出してなかった。
大賞はどうやら3年ぶり(「戦鬼」以来)らしい。

好き嫌いは出そうだが、大賞受賞作となる理由もわかる。

神さまに見捨てられ、人が死ななくなった世界。
死ぬことは人にとって絶望であり、その反面、安らぎでもある。
死ななくなった人間に安らぎを与える墓守の少女と、死者に滅びを与える役目を自らに課した少年。
二人は出会い、そして思いも寄らぬ結末に行き会う。

序盤から世界観等の説明が薄く、なし崩し的に物語が進んでいく印象。
なので終盤までは正直わけがわからない。
しかし、あるところで物語が開ける。その瞬間に感じたことは上手く言葉にしがたい。

隠されていたものがパァっと開かれる爽快感。
散りばめられていた伏線一つ一つの意味がわかった時、その表現の巧妙さに驚かされた。

隠匿されていた真実が明らかになった開放感に比して、その悲しい真実にも心が締め付けられる。
色んな感情が一度に襲ってくるような、そんな衝撃を受ける。

非常に爆発力のある作品だった。
ラスト20Pくらいからの盛り上がりは素晴らしく、涙が出そうになる場面も。

序盤がイマイチな印象だったので★は4.5だが、「大賞」という冠が付く理由は良くわかった。

なんだか2巻の予定もあるそうだが、物語の展開上全く期待できない・・・。
綺麗に1巻で終わらせておけばいいのにと考える次第。

ところで、スニーカー大賞受賞作も「墓守」がヒロインだったような。
角川グループでは墓守が流行しているのだろうか・・・。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

富士見ファンタジア文庫 コメント: 6 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2010-03-26 れぎおむ [URL]

ラストはまるでRPGの序盤みたいな展開だったな、と思いました。メンバー的にどうしてもそんな印象が……

編集

2010-03-26 Azby [URL]

友達から借りて読んでたのですが、
序盤は少しなっとくいかないところが多いですよね、
でも最後まで読んだ今ならヒントが隠されてたと言えますね。
しかしそこで友達にネタバラシをされて…
終盤での勢いが…orz...

編集

はじめまして。

2010-03-26 むつ [URL]

私は、最近ライトノベルに嵌りだした、遅れ者です;そんなところで、ラノベの感想を綺麗に書いているブログが・・っ!?・・ということでこのブログは私のエデンです。ありがとうございます。

最初に感謝を言わせていただいたところで、「神様のいない日曜日」の記事に対しての感想を言わせて貰います。

なかなか面白そうな作品ですねw!!
神様が世界を捨て、墓守という存在が出てくるのも、安らぎを与える者がいれば、その反対の者も現れるという、必然的な事にも目を向けているし・・・。
「神様のいない日曜日」購入させていただき、読もうと思います。本当に、ありがとうございました。

編集

Re: タイトルなし

2010-03-29 ラノベドランカー [URL]

れぎおむさん、こんばんは。
> ラストはまるでRPGの序盤みたいな展開だったな、と思いました。メンバー的にどうしてもそんな印象が……
言われてみると確かにRPGの序盤ですね!

編集

Re: タイトルなし

2010-03-29 ラノベドランカー [URL]

Azbuさん、こんばんは。
> 序盤は少しなっとくいかないところが多いですよね、
説明不足なところが多いですからね。

> でも最後まで読んだ今ならヒントが隠されてたと言えますね。
> しかしそこで友達にネタバラシをされて…
ネタバレは(特に意図的なやつは)憎むべき悪魔の所業です…

編集

Re: はじめまして。

2010-03-29 ラノベドランカー [URL]

むつさん、はじめまして。
> ・・ということでこのブログは私のエデンです。ありがとうございます。
過大な程の評価、どうもありがとうございます。

> なかなか面白そうな作品ですねw!!
> 「神様のいない日曜日」購入させていただき、読もうと思います。本当に、ありがとうございました。
正直好き嫌いが出るかなと思っています。ストレートに「面白い」という種類の作品じゃないので…。
とはいえ是非読んでみてください!

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/593-93f07816

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。