ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

アカイロ/ロマンス4 白日ひそかに、忘却の

2010-05-13

アカイロ/ロマンス4
電撃文庫
著作名:アカイロ/ロマンス4 白日ひそかに、忘却の

著者名:藤原祐(ふじわら ゆう)
イラストレーター:椋本夏夜(くらもと かや)
発行日:2009/07/10


あらすじ
妾は何故、あの夜の事を思い出せずにいる──?

白州高校の理事である分家【ひじり】の当主、砂姫が国外より帰還した。景介たちは秋津依紗子に関する新たな情報を入手し、攻勢に転じることにする。しかし一方で、繁栄派の面々も各々の思惑の中、静かに動きを見せ始めていた。
枯葉の記憶に掛かる靄、枯葉に対する景介の思い、通夜子に揺らがされる棗。それぞれがそれぞれに問題を抱える中、依紗子の狂気は発露する。誘われた炎の中で、枯葉たちの見たものは──。
恋慕と鮮血の紡ぐ幻想物語(ロマンス)、佳境の第四幕。

レビュー
マジデ血みどろ5秒前?ロマンス花咲く第4巻。

藤原先生通例の血みどろドロドロまであと一歩。
であるのだが、一拍置いてより混乱を助長させるべく舞台調整を行った感じ。

棗の両親が出てきたり、すんごい姐さんが出てきたり、なんだかサブキャラも豊富。
とはいえ一番の見所は景介と枯葉のロマンスだろう。
この二人の関係がこんなに早く進展するとは思ってなかった。しかもストレートに。
やっぱり解りやすく好き合ってるほうが良い。うん、良い。
これが後のドロドロをさらに大きくするためのネタなのかは不明・・・。

秋津依紗子についての秘密が明らかになり、あの日の枯葉の記憶が想起された。
前線を離脱したキャラが出たり、中立であったあの施設への働きかけが行われたりと注目点は意外にいっぱい。

物語が動く前の静けさというか、不気味な胎動を含んだ一冊。
5巻も盛り上がりがいやでも想像できる。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/616-9aee2176

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。