ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

アカイロ/ロマンス6 舞いて散れ、宵の枯葉

2010-05-15

アカイロ/ロマンス6
電撃文庫
著作名:アカイロ/ロマンス6 舞いて散れ、宵の枯葉

著者名:藤原祐(ふじわら ゆう)
イラストレーター:椋本夏夜(くらもと かや)
発行日:2009/12/10


あらすじ
鮮血と恋慕が紡ぎだす幻想奇譚(ロマンス)──ここに終幕。

そして、すべての真実は明らかになった。
運命の糸は血を滴らせながら喉元に絡みつき、景介を奈落へと引きずり込む。一族殺しの宝刀『つうれん』は今や、忌まわしい恋を叶えるための刃となり、棗や型羽、檻江たちの生命を狙っている。
反抗か、死か。二者択一の中、最後の戦いは静かに幕を開けようとしていた。秋津依紗子に心を縛られた景介と、木春により絶望を与えられた枯葉。ふたりが選ぶのは、永遠の断絶か、それとも再起か──。
人気シリーズ、堂々の完結編!

レビュー
感動した。このロマンスは本物だ。

まさに「堂々の完結編」。
鈴鹿の一族を巡る鮮血のロマンスは、多くの不幸と悲しみをその内に飲み込みながらも美しく咲いた。

ここまでハマるとは全く思っていなかった。
薄まったとはいえ藤原作品独特のクセは健在なので、誰にでも諸手を挙げて推薦はしずらい。
しかしこの最終巻の破壊力は素晴らしかった。見事な締めくくりだった。

「世界を歪めているのは、愛だ」
この台詞は最終巻でも象徴的な意味があった。愛ゆえに歪み、愛ゆえに狂い、愛ゆえに求め・・・。
愛ゆえに引き返すこともできず、愛ゆえに滅ぶ。

多くの鈴鹿が死んだ。その死に方に意味があったのか、正直わからないものもいた。
だが、多くは愛のために死んでいったように思える。
結局のところ鈴鹿は、凄絶な「愛」に多くの同胞を喰われたのかもしれない。
壮絶なアカイロ(鮮血)/ロマンス(恋慕奇譚)だった。

涙腺が緩んでしまうシーンもいくもあり、大変満足。
のちに短編集が出る気がする。そこで後日譚が語られたらより嬉しいが、これはこれで終わらせておく方が美しいとも思える。

色々書いてみたが、このシリーズはオススメしたい。
興味が沸いた方は是非。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 2 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2010-05-16 七海 [URL]

初カキコ(o・ω・o)

アカイロいいですよねー。私も結構好きなんですが

なぜか思ったよりも周りには受けてない( ゚д゚)

まあ、癖があったりするものは大抵そうなのでしょうがないですね・・・

たまにブックオフに全巻おいてあったりしてびっくりしますし。

もっと知って欲しい作品のひとつですね。



私のブログで主にラノベのレビューと発売日をまとめてます。

いろいろとまだまだなブログですが、以後お見知りおきをー

良かったら相互リンク等もよろしくです(=゚ω゚)ノ

編集

Re: タイトルなし

2010-05-19 ラノベドランカー [URL]

七海さん、はじめまして。
> アカイロいいですよねー。私も結構好きなんですが
> なぜか思ったよりも周りには受けてない( ゚д゚)
> まあ、癖があったりするものは大抵そうなのでしょうがないですね・・・
私は藤原シリーズ結構好きなのですが、なかなか共感を得られることは少ないですね・・・。

> たまにブックオフに全巻おいてあったりしてびっくりしますし。
秋葉原の某BOOKSの買取価格が結構高くて、「わかってるじゃないか」とニヤリとしたりしました。
反面、なんで今更高価買取してるんだろう?と疑問に思ったりも(汗

> もっと知って欲しい作品のひとつですね。
その通りですね。

> 良かったら相互リンク等もよろしくです(=゚ω゚)ノ
遅くなりましたが、よろしくお願いします。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/618-443ebe45

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アカイロ/ロマンス

2010-05-21 本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館]

 自らを「鈴鹿」と呼ぶ、滅びかけた「妖」の一族がいた。女性しかうまれないため、人の男性と交わることにより種を維持してきた一族である。生まれたままの体では子供をなす確率があまりにも低いゆえ、人の女性と首から下を挿げ替えて、繁殖能力を確保しなくてはならない...

ホーム

カレンダー&アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。