ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

隙間女(幅広)

2010-08-13

隙間女(幅広)
電撃文庫
著作名:隙間女(幅広)

著者名:丸山英人(まるやま ひでと)
イラストレーター:ミヤスリサ
発行日:2010/07/10


あらすじ
ほんの数ミリの隙間にひそみ、こちらを覗きつづける妖怪―― 隙間女
隙間女という妖怪を知っているだろうか? 都市伝説や怪談として聞いたことがある人も多いだろう。実は、僕の部屋に現れたのだ。その隙間女が──
第15回電撃小説大賞<電撃文庫MAGAZINE賞>を受賞した幻の表題作をはじめ、都市伝説をもとにしたハートウォーミング・コメディ5作品を収録する珠玉の短編集。ちょっぴり怖いけど、どこか愛らしい!? そんな不思議な感覚に包まれるショートストーリーが詰まってます!

レビュー
まったりほのぼのコメディ。

隙間女、トイレの花子さん、人面疽などの都市伝説をモチーフにした短編集。
都市伝説をモチーフにしたからといって原型は全く残ってない。

毒にも薬にもならない、というのが率直な感想。

ちょっぴり怖い、ということはない。
愛らしいというのは正しい。不思議な感覚には・・・包まれなかった。
ストーリーに起伏が無く、キャラだけで成り立ってるような印象。

「幻の短編待望の文庫化!」なんて触れ込みだったが、ちょいと宣伝過剰だろう。

構成が「ある日爆弾が落ちてきて」に近いなと感じたが、完成度でいうと比べるべくもなく・・・

なんだか内容が薄かった。


評価
★★★☆
(3.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 4 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2010-08-14 れぎおむ [URL]

俺的には3点でした……宣伝が過剰ですよね。
同じ作者の長編ラノベも読んだことがあるんですが、そちらも俺には合いませんでした。
この作者の名は要注意です。

編集

Re: タイトルなし

2010-08-14 ラノベドランカー [URL]

れぎおむさん、こんばんは。
> 俺的には3点でした……宣伝が過剰ですよね。
> 同じ作者の長編ラノベも読んだことがあるんですが、そちらも俺には合いませんでした。
> この作者の名は要注意です。
長編も・・・そうですか。要注意リストに加えておきます。

編集

こんにちは

2010-08-18 舞子 [URL]

私も読みました。
悪くないけど「なにかが足りない」ような気がする作品でした。
私も「ある日爆弾が落ちてきて」が大好きなので、どうしてもそちらと比較してしまうからかもしれませんね。

編集

Re: こんにちは

2010-08-21 ラノベドランカー [URL]

舞子さん、こんばんは。
> 悪くないけど「なにかが足りない」ような気がする作品でした。
> 私も「ある日爆弾が落ちてきて」が大好きなので、どうしてもそちらと比較してしまうからかもしれませんね。
そうですね。アクセントになるものが無かったと思います。
「ある日爆弾が落ちてきて」と比較してしまったのがそもそも・・・かもしれません。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/646-8573bda8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。