ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

狼と香辛料IX(9) 対立の町<下>

2010-09-06

狼と香辛料9
電撃文庫
著作名:狼と香辛料IX 対立の町<下>

著者名:支倉凍砂(はせくら いすな)
イラストレーター:文倉十(あやくら じゅう)
発行日:2008/9/10


あらすじ
伝説の海獣イッカクを巡り、港町ケルーベが揺れる!
『対立の町』編、ついに完結!!

「狼の足の骨」の情報を得るため、ロレンスたちが訪れた町ケルーベは、土地を巡って北と南が対立していた。そんな訳有りの町に、生肉を喰らえば長寿を得るという伝説を持つ海獣、イッカクが陸揚げされる。町の力関係をひっくり返しかねない価値を持ったイッカクの登場で、町は俄かに騒がしくなる。
そんな中、イッカクの横取りを狙う女商人エーブは、ローエン商業組合を抜けて自分のところへ来るようロレンスを誘う。狼狽するロレンスのもとには、さらにローエン商業組合から協力要請の手紙が送られてきて……!?
ロレンスの出した答えとは? そして、その時ホロは……。『対立の町』編、いよいよ完結!!

レビュー
商戦、決着。

「対立の町」決着編。
ホロが(ロレンスに信じて)殆ど表に出てこないため、ロレンスは怪物商人達を相手に涙目、な一冊。

上巻で完全な板挟みの刑にあったロレンスのその後やいかに?!

今回は殆どが商人達によるガチバトルの描写なため、このシリーズの商売の側面に興味が薄い人にはしんどいかもしれない。
心理戦の解説者たるホロがなりを潜めているため、事態はよりややこしく感じる。

相手の巨大さにおののき、歯車としての自分の小ささに嘆き、振り回され。
ロレンスの疲弊していく様にこちらまで疲弊してしまいそうだった。

エーブもキーマンも怖えぇ・・・。

そんな一寸先も闇な取引にどう決着が付くのか、それは読んでのお楽しみ。
ただ、今回はさらっと読むと何が何だかわからなくなる可能性がある。
全体像がややこしすぎて、少し重い。

とはいえ、面白さは折り紙付き。

ラストのエーブの行動はどう解釈すればいいのだろう。
今までの狼っぷりのおかげで全くわからなくなってしまった。

でも、エーブが中核となって進んできたこれまでの話の締めとしては大変面白い。

上手いなぁ。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/654-e6fb4fde

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。