ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

文学少女と恋する挿話集【エピソード】1

2010-09-10

文学少女と恋する挿話集1
ファミ通文庫
著作名:“文学少女”と恋する挿話集【エピソード】1

著者名:野村美月(のむら みづき)
イラストレーター:竹岡美穂(たけおか みほ)
発行日:2009/01/07


あらすじ
柔道一筋、人呼んで「炎の闘牛」。そんな彼が恋をした! 清楚で可憐な大和撫子、その名は……『“文学少女”と恋する牛魔王【ミノタウロス】』、「このことは内密に」待望の入部希望者が漏らした呟きには何やら不穏な気配が!? 『“文学少女”と革命する労働者【プロレタリア】』ほか、遠子のクラスメイトとの交流や、美羽&芥川のその後など、ほろ苦く甘い、極上のエピソードが盛りだくさん! 物語を食べちゃうくらい深く愛する“文学少女”天野遠子と、彼女を取り巻く人々の、恋する挿話集【エピソード】第1弾!!

レビュー
「文学少女」からミステリーを抜いたら、純な恋話になりました。

タイトルを読んで字の如く、「恋するエピソード」。
ファミ通オンラインで掲載されていたもの+書き下ろしの豪華仕様。

本編と違い重たい要素が無いので、より純粋に恋がクローズアップされている印象。
全体的にシリーズ初期(遠子先輩と心葉が出会ったばかりの頃)の話が多い。

様々な本に合わせた巧みな(主に味に関する)表現はもちろん健在。
特に恋話に特化していた“文学少女と病がちな乙女”はもう流石の一言に尽きる。
このエピソードだけで★5つつけてもいい。

文学少女を知ってる人前提のお話なので、本編シリーズを全部読んでからこれを読むこと。
(いきなりこの本から文学少女に入ってくる人は居ないだろうけども・・・)

全体的にハイレベル。文句なしの完成度。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/655-0932e507

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。