ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ゼロの使い魔 17 黎明の修道女(スール)

2010-09-15

ゼロの使い魔17
MF文庫J
著作名:ゼロの使い魔 17 黎明の修道女(スール)

著者名:ヤマグチノボル
イラストレーター:兎塚エイジ(うさつか えいじ)
発行日:2009/06/30


あらすじ
奇妙な二人組の刺客に襲われた才人は、心配して捜しにきたシエスタに助けられて息を吹き返す。しかし、待っていたのは、「ルイズがいない」という現実。落ち込みまくる才人は、シエスタに叱られ、励まされて、ルイズを捜し始める。アンリエッタにも事の次第を報告し、大がかりな捜索へと発展した。その頃、傷心のルイズはとある宿場町で、危険な雰囲気をまとう魅力的な少女と知り合う。ジャネットと名乗る彼女は、ルイズに「ひっそりと身を隠して暮らせる場所」を教えてくれるという。大人気冒険ファンタジー、離ればなれになった才人とルイズの行く末は!? 緊迫の第17弾!

レビュー
また風呂敷が広がった・・・混迷を極めるシリーズ17巻。

16巻で離ればなれになったサイトとルイズのそれぞれを描く。
要約すると、ルイズは一つ大きくなり、サイトはルイズが居ないとダメだと再認識した。
・・・サイトはあまり成長してないな。。。

兎にも角にもサイトは心が震えないと強くならないガンダールヴなので、ルイズがいないと始まらないということらしい。
ルイズもサイトも凹むとワインをがぶ飲みして酔い潰れるというダメ人間なところが何とも言えない。

ルイズとサイトの話の他にも何やら不穏な動きがガリアで勃発。
というかこの期に及んで隠し球の類がまだあるとは。

物語が一向にまとまる方向性に無い。
ヤマグチ先生の手腕にかかれば、終わらせようと思えばそれなりにすんなり終わらせられる気がする。
大人の事情によるのか、ヤマグチ先生の頭ではまだまだゼロの世界は広がっているということなのか。
シリーズも外伝含め20冊近くに及び、グダグダ感が出てきたことも否めない。

戦争→恋話→戦争→恋話といった流れに食傷気味。
しばらく恋話をお休みして熱い戦いが行われることを希望してみる。


評価
★★★★
(4)

一押しお願いします

スポンサーサイト

MF文庫J コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/657-2a5f74fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。