ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

マリア様がみてる 私の巣

2010-09-16

マリア様がみてる 私の巣
コバルト文庫
著作名:マリア様がみてる 私の巣

著者名:今野緒雪(こんの おゆき)
イラストレーター:ひびき玲音(ひびき れいね)
発行日:2010/01/10


あらすじ
母の再婚を前に、原因不明の立ち眩みを起こすようになった朝倉百。ある日学校で倒れた百は、保健委員の筒井環に家まで送ってもらう。その後、百は親しげにかまってくる環に戸惑いながらも、少しずつ心を開いていった。だが不意に、母の再婚相手の身内ではないかという疑念が浮かんで…?一年生の百と二年生の環。頻繁に一緒にいるようになったふたりを、クラスメイトは姉妹だと噂するが―。

レビュー
久々にマリみてらしさが出ている特別読切。

とはいえ正規マリみてメンバーはおまけ程度しか出演しない。
加えて舞台はリリアン女学園ではない。
マリみてシリーズと言われると疑問が残る部分もあるが、商売上仕方ないのだろう。

しかし内容は往年のマリみてを彷彿とさせる雰囲気があり、面白い。
やたらと関係がややこしい大家族の一員となることとなった百。
そんな百に急接近してくる先輩・筒井環。
明らかに何か裏がありそうな環だが、実は・・・。

なんていうミステリーは一瞬でネタばらしされて、大家族のドタバタ劇が開幕する。
この家族をとりまく話が、「マリみて読んでるなぁ」という気持ちにさせてくれた。

学園の話でもなければ、スールの話でもないのだけれど、漂う空気はマリみてのそれだった。
これまでの短編集(今回は短編集とは違うが)の中では最も良い出来だと思える一冊。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

コバルト文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/658-63ee50eb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。