ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

世界の中心、針山さん(3)

2010-09-23

世界の中心、針山さん3
電撃文庫
著作名:世界の中心、針山さん(3)

著者名:成田良悟(なりた りょうご)
イラストレーター:ヤスダスズヒト&エナミカツミ
発行日:2009/10/10


レビュー
成田ワールドを楽しむ本。

針山さん第3弾。
2巻から約1年半ぶりの刊行。1巻の発売はなんと3巻発売の4年前。
正直3巻が出たことにビックリした。そして読んだのが発売後約一年・・・。

多少間延び感のある本シリーズだが、成田ワールドを堪能するにはもってこい。
やっぱりこの人凄いなぁと思いながら読み進めた。

3巻の内容はは大きく分けて4本立て。
今回のお気に入りは「工場長のドリームチェイス≪ジャンル夢追い人≫」。
なりふり構わず夢を掴みにいった(いく)漢たちの話。
少年なら誰もが一度は夢見たであろうスーパーロボットへの憧れ。
これをとことん突き詰めた大人がいたらどうなるか。
夢を諦めないことの強さはどんなものなのか、その一つの例を見せてくれる。

その他のエピソードももちろん面白い。
1話目のパンダはどうしてもらんま1/2の玄馬にしか見えなかったけれど・・・。

刊行期間が空いている&積んでいたせいで2巻以前の内容を殆ど忘れてしまっていた。
登場人物が非常に多い本シリーズ。3巻でも2巻以前のキャラがぱらぱらと出てくる。
物語の本筋には関係無いので、「ああ、なんかこんなの居たかも」レベルの認識でも問題はない。
ただ、なにかギミックがあったのではと思えてならない。1巻から読み返そうとは思わないが。

まだこのシリーズを未読の方は、1巻から一気に読んで見ると何か見つかるかもしれない。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2010-09-24 れぎおむ [URL]

おー、なんか懐かしいです。
俺はこのシリーズを見つけたとき、3巻表紙の竹に乗ってる女の子が針山さんだとずっと思ってました(笑)
でも一巻を読んでみたら全然違ったという良い(?)思い出が。

編集

Re: タイトルなし

2010-09-25 ラノベドランカー [URL]

れぎおむさん、こんにちは。
> おー、なんか懐かしいです。
> 俺はこのシリーズを見つけたとき、3巻表紙の竹に乗ってる女の子が針山さんだとずっと思ってました(笑)
> でも一巻を読んでみたら全然違ったという良い(?)思い出が。
針山さんは超影の薄い御仁ですからね。
目立つところには居ないという・・・

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/662-51aeaffd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。