ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

アクセル・ワールド4 -蒼空への飛翔-

2010-09-25

アクセル・ワールド4
電撃文庫
著作名:アクセル・ワールド4 -蒼空への飛翔-

著者名:川原礫(かわはら れき)
イラストレーター:HIMA
発行日:2010/02/10


あらすじ
「ここから、もう一度這い登ってみせる。僕はもう、下だけ向いて歩くのはやめたんだ」

日常で≪ブレイン・バースト≫を巧みに使いこなし、中学内格差(スクールカースト)の頂点に君臨する謎の新入生・能美征二(ノウミセイジ)。ハルユキは、能美の狡猾な策略によって自身の≪翼≫を奪われ、完全敗北を喫した。
──しかし、ハルユキは、再び立ち上がる。
≪もう下を向いて歩かない≫と心に決めたハルユキは、親友・タクムと共に≪ダスク・テイカー>へ反撃を開始する。キーとなるのは、≪心意システム≫、≪スカーレット・レイン≫、そして≪メイド服少女≫!?

レビュー
因縁のダスク・テイカー戦、決着!

3巻で落ちるところまで落ちたハルユキとタクム。
託された想いを貫ききれず、信じていた者に裏切られ、これでもかとボロカスにやられた二人。
それでも不屈の想いで立ち上がり、ダスク・テイカーに挑んでいく。

これまでと最も違うのは、ハルユキの不屈の魂。
沸き上がる卑屈な心をぐっと抑え、打倒能美のために強く上を向こうとする姿がとても印象的。

これでもかと性根の腐った見事な悪役の能美。
ここまで苛つく敵も久しく見てなかった。ある意味天晴れな奴。

そんな最悪の敵との再戦は色々と思わぬ展開が待ちかまえており、手に汗握る。
「心意システム」もチート技として定着する様子が今のところ無くて一安心。
気合と根性が前面に出すぎたら違う作品になってしまうところだった。

能美との戦い以外でも、4巻ではこれでもかと話を動かしてきた。伏線ばりばり。
5巻はもっと激しく動くことになるだろうし、とても楽しみだ。

しかし・・・黒雪姫かわいいなぁ、反則だろこれ。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/663-3f113b86

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。