ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

平安鬼姫草子 ~神ながら神さびせすと~

2010-10-22

平安鬼姫草子 ~神ながら神さびせすと~
電撃文庫
著作名:平安鬼姫草子 ~神ながら神さびせすと~

著者名:黒狐尾花(くろきつね おばな)
イラストレーター:さらちよみ
発行日:2010/10/10


あらすじ
時は平安、所は京。鬼の血を継ぐ少女と、その兄である若き陰陽師の物語。

“姫殺し”と呼ばれる 『怪異』 が起こる京の都。希代の陰陽師・安倍晴明がその原因を探る中、若く未熟な陰陽師の少年・坂上鈴城は、左近衛府に所属する少年・源頼親を誘い、独自に『怪異』捜査を始める。二人が無謀な行動に出たその裏には、鈴城の従姉妹、鬼の血を受け継ぐ少女・結鹿の嫌疑を晴らしたいという想いがあった。果たして、『怪異』 “姫殺し”には、妖と人間が織りなす 『愛』 が深く関わっていて……。切ない陰陽奇譚、登場。

レビュー
名シリーズ誕生の予感!!

電撃文庫の陰陽師モノ作品としては「陰陽ノ京」以来の名作と認識。
陰陽ノ京よりファンタジー色が強く、よりライトノベルらしい作風。

陰陽ノ京が旨みが濃厚で年経た風味な作品とするなら、本作はがまだ若いものの華やかな香りが強い作品。
「よりライトノベルらしい」とはそういった意味。(わかるかしら…)
多少古典の予備知識が無いと読みにくい部分があったのは残念。建物の中の描写でつまずいてしまった。

主人公である結鹿は鬼の血を強く継ぐ少女。
その少女の兄として少女を守ろうとする鈴城。
異形の者として姿を偽りつつも京を陰から護る陰陽師・安倍晴明。
結鹿の周りにいる心優しき兄たち。

歴史上の人物も居たりして、日本史スキーには一層面白い。
登場人物の設定の仕方、使い方が上手く、陰陽師モノとしての魅力をより引き立てる。

登場人物の野郎共が全員イケメンなのがちょっと気になるが…。
あと登場する男はすべからく妹(結鹿)が大好き。
しかし「このシスコン共が!」と思ってはいけない。結鹿は確かに可愛い…愛でたくなるのは仕方の無いこと。

京で起こった「姫殺し」という事件。
それは本当に相手を大切に想う心が呼び起こした悲しい事件。
その真相はとても切なく心に刺さるものだった。

読了後に「ああ、良い本読んだ」と満足感に浸れた。
最近のラノベでは見ない系統でもあるし、是非是非シリーズ化して欲しい。

これは強くプッシュしたい作品。
期待を込めて星5.5


評価
★★★★★☆
(5.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2010-10-24 fumi [URL]

リンクありがとうございました。m(--)m
「ラノベ部」というのは面白いですか
もしページ有ったらすいませんm(--)m

編集

Re: タイトルなし

2010-10-25 ラノベドランカー [URL]

fumiさん、こんばんは。
> 「ラノベ部」というのは面白いですか
> もしページ有ったらすいませんm(--)m
「ラノベ部」ですが、未読なので内容がわかりません・・・すみません。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/669-95997da9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。