ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

烈風(かぜ)の騎士姫2

2010-11-23

烈風の騎士姫2
MF文庫J
著作名:烈風(かぜ)の騎士姫2

著者名:ヤマグチノボル
イラストレーター:兎塚エイジ(うさつか えいじ)
発行日:2010/03/31


あらすじ
立派な騎士になるため女であることを秘密にしているカリンは、騎士見習いながらドーヴィルの事件でめざましい活躍をした。おかげでマリアンヌ姫にものすごく懐かれてしまう。恋する少女の目で見つめられ、迫られ、自分も女だと言えないカリンはたじたじ。一方、かつて愛した人が生き返っていたという衝撃の事実をつきつけられたサンドリオンは、一人黙々と事件の真相をあばくために行動するが、カリンはそれが気に入らない。「わたし……、あんたの相棒でしょ?」「弱いくせに。わたしに助けられたくせに!」そんな折、カリンはユニコーン騎士隊ともめごとを起こしてしまい……。騎士の誇りと少女の夢と、芽ばえかけた恋の行く末は!? 正々堂々の第二巻!

レビュー
ゼロであってゼロでない。だけどゼロ。

書きぶりがややこしいが、まさにそんな感じ。
最近のグダグダが目立つゼロとは違い、フレッシュな展開。

カリンやサンドリオンといったゼロには居ない系統のキャラが立ち回り、
ゼロの系譜(というより過去話)だけれども、そうじゃないような感じにさせてくれる。

ユニコーン騎士隊ともめ事を起こしたカリンは、エスターシュの策略に嵌められる。
騎士として絶対絶命の窮地に追いやられたカリンを助けようとする魔法衛士隊。

果たして事件はどう決着するのか?!

じわじわと話を広げて、最後にきちっと風呂敷を畳む。
畳む際の盛り上がりは流石はヤマグチ先生と舌を巻く。やっぱり腕が違う。

1巻ではゼロとの単純比較をしてしまったが、2巻でこのシリーズの良さを感じることができた。
ヤマグチ先生の作品は面白い、ということも再確認。

本シリーズはグダグダにならないことを祈りたい。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

MF文庫J コメント: 3 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

No title

2010-11-24 fumi [URL]

ふと思いついたんですが、ラノベドランカーさんの
アフィリエイト報酬ってどのくらいありますか?

編集

Re: No title

2010-11-25 ラノベドランカー [URL]

fumiさん、こんばんは。
> ふと思いついたんですが、ラノベドランカーさんの
> アフィリエイト報酬ってどのくらいありますか?
具体的な数字は明かせませんが、fumiさんが考えてるよりずっと少ないと思います。
ラノベの単価が低い、最新作のレビューが遅い等、色々原因はありそうですが、あくまでアフィリエイトはおまけなのであまり気にしてないというのが実情です。

編集

No title

2010-11-25 fumi [URL]

有難うございます。
少しこのブログの名前を使わせていただきました。(理想)
http://blog.livedoor.jp/fumihiro65/archives/1519075.html
それと今見たら、ブログパーツの新着コメント?が表示されてません
色々と有難うございましたm(--)m

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/689-439c22e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。