ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

文学少女と恋する挿話集【エピソード】3

2010-11-25

文学少女と恋する挿話集3
ファミ通文庫
著作名:文学少女と恋する挿話集【エピソード】3

著者名:野村美月(のむら みづき)
イラストレーター:竹岡美穂(たけおか みほ)
発行日:2010/05/11


あらすじ
恋に破れた「炎の闘牛」、柔道部の牛園くん。それでも遠子を思いきれず、思い出が欲しいと心葉に詰め寄り……『"文学少女"と炎を上げる牛魔王【ミノタウロス】』、クラスにも、気安い笑顔を向けてくる担任の竹田千愛先生にもなじめない中学生の仔鹿だが──『迷える仔鹿【バンビ】と嘘つき人形【ドール】』ほか、遠子の想いを目にした紗代や、夕歌と毬谷先生の出会いなど、甘くほろ苦いエピソードが満載! 物語を食べちゃうくらい愛する"文学少女"と、彼女を取り巻く人々の、恋する挿話集第3弾!!

レビュー
本編より気軽に楽しめる「文学少女」

文学少女「見習い」が正統な続編なら、こちらは外伝的な立ち位置。

「見習い」で常にテンションが低空飛行な心葉くんを見ると、やっぱり奴には遠子先輩が必要なんだなと思う。
・・・ヘタレ野郎め(私、心葉くんには厳しめです)。

とはいえ、遠子先輩・心葉くんは今回は脇役。

柔道部の牛園くんの遠子先輩に対する恋心の決着を描いた「文学少女と炎を上げる牛魔王」
本編で多く語られることの無かった夕歌と毬谷のエピソード「傷ついた紳士と穢れなき歌姫」
そのアフターエピソード「卵の歌姫と彷徨える天使」
中学校の先生となった千愛とその生徒とのドタバタ(トラブル?)話「迷える子鹿と嘘つき人形」
等々、総計10のお話が詰まったお買い得短編集。

ページ数的にはメインは千愛のエピソード。例の能面フェイスは大人になっても健在だった。
個人的には「牛魔王」のラストが好み。ほろ苦い恋の結末がとても心に残る。牛園君はいい男だよ。

基本的に恋の話だが、ピリリとアクセントとなる要素が織り込まれている。
ただ甘いだけじゃなく、飽きが来ない味わい。

文学少女シリーズの中では軽めで、気軽に楽しめる一冊。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/691-8515e074

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。