ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

銃姫(11) The strongest word in the world

2010-12-07

銃姫11
MF文庫J
著作名:銃姫(11) The strongest word in the world

著者名:高殿円(たかどの まどか)
イラストレーター:エナミカツミ
発行日:2009/12/31


あらすじ
夢のような日々は、思いも寄らない形で終幕を迎えた。忽然と姿を消したアンブローシアを求めて、セドリックは親友ティモシーを頼り、再び旅に出る。しかし、灰海戦でセドリックは魔力槽に深刻なダメージを受け、まったく魔法が使えない身体になってしまっていた。ただの人間に戻った彼は、それでも”絶対信仰中枢”へ向かおうとする。そのころ、暁帝国の皇帝ベルトリーゼは、十万の艦隊を編成し、御代をかけての大親征を行おうとしていたのだった。はたして、竜王アスコリド=ミトとの結婚式へ向かうアンブローシアの真意は。そして、本当の”銃姫”の正体とは!? 銃と魔法の本格異世界ファンタジー、ここに堂々完結!!

レビュー
堂々の完結!

長かった・・・途中で期間が空いたりして余計に長く感じた。

突然姿を消したアンブローシア、彼女を追いかけるセドリック。
何故アンはセドリックから離れたのか、銃姫とは何なのか、世界はどこに向かうのか。

張り巡らされた謎を明らかにしつつ、物語は思わぬ終着を迎える。
こんな終わり方するとは想像もしていなかった。

確かに「そんな伏線あった」ってところから話が一気に展開。
それは伏線としてあったけれど、本当に来るなんて。

大団円、と言えるのかどうかはわからない。
だけれど、堂々の完結とは言える。

当初の本格魔法ファンタジーから、多少のスライスがあったのも確か。
方向性が途中からずれてきたのを感じてはいた。
セドリックが銃無しで魔法使い始めてからだと思っている。
やっぱり制限を取っ払っちゃうと歪みが出てきてしまうのか。

心よ。
届け、弾丸のように-

思えばこの言葉に心打たれて読み始めたシリーズだった。

この物語では、魔法の源たる「言葉」が非常によく作られていた。
魔法のフレーズに痺れることが多々あった。

深いファンタジーがまた一つ終わった。
けれど、そんな深いファンタジーがきちんと完結したことを喜びたい。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

MF文庫J コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/695-b0bfac13

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。