ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

空の彼方3

2010-12-10

空の彼方3
メディアワークス文庫
著作名:空の彼方3
著者名:菱田愛日(ひしだ まなび)

イラストレーター:菜花
発行日:2010/10/25


あらすじ
王都レーギスに春がやってきた。トラマンテ通りも春の空気に活気づき、アルとソラは平穏な日々を送っていた――。だが、突然事件は起きる。防具屋シャイニーテラスに営業停止命令が出されたのだ。それは、有力貴族であるアルの父が、身分を捨て傭兵になった息子を連れ戻すために出した警告だった。
ソラは店のために自由を捨てる必要はないと告げるが、アルはシャイニーテラスを守るため、父とひとつの“賭け”をする。そして、長い旅に出ることになるのだが――。不思議な防具屋を舞台にした心洗われるファンタジー、感動の完結編!

レビュー
心が澄んでいく傑作ファンタジー、完結。

季節は過ぎ、いくつかの事件を乗り越え絆を深めていたアルとソラ。
そんな二人に突然降りかかった最大の試練、それはシャイニーテラスへの営業停止命令。
しかもその命令を下したのはアルの父親だった。

アルは店を護るため、ソラの居場所を護るため旅にでることを決意する。
その旅で目指すものは、苦しくもシャインが命を賭して、そして命を落としたものだった。
アルを失うかもしれない恐怖、断ち切れないシャインへの想い。
ソラは選択しなければいけなかった、アルと共に未来へ向かうか、シャインへの想いと共に生きるか。

アルフォンスとソラは、これからの生き方の選択を迫られる。

――貴方が居たから、私は幸せだった。
この言葉の本当の意味は、そして彼らが選んだ道は・・・

一つの防具店から生まれた物語がここに完結する。

完結と言うより、始まる、と言った方が正しいか。

とかく、アルとソラの純粋な絆が心を洗ってくれる。
「いってきます」「おかえりなさい」の言葉の有り難さを痛感させてくれる本だった。

読了後に脳裏に浮かぶどこまでも青い空。
その清々しさに疲れた心がすっと癒されていく。

こんな美しい物語に出会えて、幸運だった。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

メディアワークス文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/698-eac2be51

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。