ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

フルメタル・パニック! ずっと、スタンド・バイ・ミー(上・下)11~12

2010-12-12

フルメタル・パニック!ずっと、スタンド・バイ・ミー上<上巻(11)>フルメタル・パニック!ずっと、スタンド・バイ・ミー下<下巻(12)>

富士見ファンタジア文庫
著作名:フルメタル・パニック! ずっと、スタンド・バイ・ミー(上・下)11~12
著者名:賀東招二(がとう しょうじ)
イラストレーター:四季童子(しき どうじ)
発行日:(上)2010/07/25、(下)2010/08/25
※上下巻を合わせてのレビューとなります


あらすじ
(上)
ついに明かされたウィスパードの謎。歪んでしまった時間を元に戻そうとするレナードとかなめ。その行いに単純な善悪論を超えたものを感じ、歯切れの悪い宗介。戸惑いながらもかなめを取り戻す、最後の戦いが始まる!
(下)
決戦の地、メリダ島へ乗り込んだ宗介たち。だが次々現れる強力な敵を前に、苦戦を強いられる。一方、別行動をとるマオたちにもピンチが訪れていた。今すべてが終わりへと動き出す……フルメタついにファイナル!

レビュー
終わってしまった・・・。

都合12年、個人的にも1巻を読んでから7年もつきあってきたシリーズがついに完結。
富士見ファンタジアの装丁まで変わってしまう程の長さだった。

前巻の「せまるニック・オブ・タイム」から一年半。振り返ってみたら、前巻読了から2年・・・。
ちょっと難産過ぎたけど、待たされただけの見返りはあった。

今更フルメタのラストがどうこうと語ることもなかろう。

ただただ、「ファンなら絶対に楽しめる最終巻だった」と伝えたい。

SFミリタリーアクションとして、ラノベ最高峰の精度を誇る本作が終わってしまったのは寂しい。

途中から刊行ペースが極端に落ちて、完結が不安視されていた頃からすれば、きちんと終わったことを祝福したい。
エンディングも最高にフルメタらしく締められていてジンとなった。
「ずっと、スタンド・バイ・ミー」の意味、しかと胸に打ち込まれた。

一人ずっと「台無し」と言われ続けていた彼がちょっと不憫ではあるが、それもご愛敬。

長年並走して来た人も、最近から追いかけ始めた人も、フルメタ好きなら否定論が出るとは思えない。

ラノベを大きく盛り上げた傑作シリーズの完結に、一つの流れの終わりを感じざるを得ない。
共に青春を駆け抜けた作品が終わっていくのは嬉しいけれど寂しいものだ。

内容はもちろん、完結した喜びで★6つと行きたかったが、流石に刊行期間が空きすぎてるので★5.5。

追伸:これでTSR以降のネタが補完された。アニメ最終章製作スタートですか京アニさん?!


評価
★★★★★☆
(5.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 1 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

管理人のみ閲覧できます

2010-12-14  []

このコメントは管理人のみ閲覧できます

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/700-80fa25de

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。