ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

アンチリテラルの数秘術師

2011-02-20

アンチリテラルの数秘術師
電撃文庫
著作名:アンチリテラルの数秘術師

著者名:兎月山羊(うづき やぎ)
イラストレーター:笹森トモエ(ささもり ともえ)
発行日:2011/02/10


あらすじ
残念だね。君には“無次元数(スカラー)の異常を視認できる才能”が開花してしまった。

「人はデルタtの狭間に生まれ、そして死んでいく」
ビルから落ちていく儚い少女。彼女の背中に、一瞬、羽が見えた気がした──それが、“数秘術師(アルケニスト)”羽鷺雪名(うさぎせつな)との出会いだった。
妹の愛架が突然、何者かに誘拐されてしまう。必死で探す俺の目に、無数の赤い数字が虚空に浮かんで見えた。そして、俺は知ることになる。あらゆる数を書き換えることで奇跡を起こす能力者の雪名は、“確率”を操る怪人との戦いにひとり、身を投じようとしていた。“数”の異能力アクション、開幕!

レビュー
新しい視点からの異能アクション。

電撃小説大賞「銀賞」受賞作。

確率を操作することで物事を自在にあやつり、人々の願いを叶えていく怪人・赤帽子(レッドハット)。
都市伝説かと思われていた怪人に妹が誘拐され、命を狙われることになってしまった主人公の誠一。
絶体絶命の状況で救いの手を差し伸べたのは、同級生の羽鷺雪名。
彼女は物質の根幹を成す「数」を操る数秘術師(アルケニスト)であり、さらに大きな秘密があるようで・・・。

「数」という要素に着目した異能バトルアクション。
作品としてのネタの根底には数学があるのかもしれないが、中学生ですでに数学をギブアップした私でも楽しく読めた。

数字の中でも「確率」という要素に踏み込んでいる。
一歩間違えると中二病な設定のオンパレードになりかねない感じがしたが、バランス良くまとまっていた。
ちょっと赤帽子の性能が都合良すぎる気もしたけど。

「0パーセントの確率」に対する誠一の考え方がどこまでも前向きで心に響く。

赤帽子も誠一との対比で良い感じに敵としての存在感が出ていた。
最終的には自分を見失い歪んでしまったけれど、なんだか赤帽子の気持ちはわかるところもある。
非常に良い敵役だったと思う。彼がいなければこの話は締まらなかった。

いかにもラノベな異能アクションだけど、押さえるところは押さえてあって著者の言いたいことが伝わってくる。
銀賞の冠は偽りじゃない。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします
スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/726-af9ca039

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゼロに挑め―兎月山羊『アンチリテラルの数秘術師』電撃文庫

2011-04-20 第七学区の路地裏

 昨日の『青春ラリアット!!』は金賞だったが、こちらは銀賞。 アンチリテラルの数秘術師(アルケニスト) (電撃文庫)(2011/02/10)兎月 山羊商品詳細を見る 評価:★★★★ 【あらすじ】  「人はデルタtの...

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。