ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

猫物語(白)

2011-04-24

猫物語(白)
講談社BOX
著作名:猫物語(白)

著者名:西尾維新(にしお いしん)
イラストレーター:VOFAN
発行日:2010/10/27


あらすじ
猫パーセント趣味で書かれた小説です。――西尾維新

“何でもは知らないけれど、阿良々木くんのことは知っていた。”
君がため、産み落とされたバケモノだ。
完全無欠の委員長、羽川翼は2学期の初日、1頭の虎に睨まれた――。それは空しい独白で、届く宛のない告白……<物語>シリーズは今、予測不能の新章に突入する!
これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!

レビュー
シリーズ新章がここから始まる。

タイトルから(黒)と関連しているのかと思いきや、びっくりする位関係なかった。
とはいえそこは「猫物語」であるからして、羽川翼を主軸に据えた物語。

あの忍野すら苦手としていた羽川さんの真実が明らかにされる。
明らかにされる、というより、自ら明らかにしていく、というところか。

諸事情により阿良々木くん不在のため語り部も羽川さん。
お馬鹿加減は多少なりを潜めるものの、「変わった」ひたぎさんがボケを引き継いでいる。

ひたぎさんの変わり方が劇的過ぎて鼻水吹き出しそうになった。
羽川さんの諸々のお話より衝撃度が強いんじゃなかろうか・・・

とはいえ、これまで変わってこなかった羽川さんに大きな変化が訪れる。
シリーズファンなら読まない理由は全く無い。

いつもながらに惚れ惚れするような日本語の使い回しに脱帽。
食べ慣れた定食のはずなのに、ちょっと違う隠し味が加わったりしてて飽きが一向に来ない。
いやはや満足。

化物語は羽川翼で終わり、また羽川翼から始まった。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

講談社BOX コメント: 4 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

2011-04-26 梨 [URL]

今回の阿良々木さんはシリーズ通して一番格好よかった。テンプレが少ない本シリーズ、だからこそ最後の最後の王道展開には終始ニヤニヤしっぱなしでしたよ

語り部、羽川評判いいみたいですよ!私は語り部、阿良々木さんの方が面白くて好きですけど

編集

Re: タイトルなし

2011-04-26 ラノベドランカー [URL]

梨さん、こんばんは。
> 語り部、羽川評判いいみたいですよ!私は語り部、阿良々木さんの方が面白くて好きですけど
確かに羽川語りも良いですが、やはりわたしは阿良々木さん派ですね。
バカの強度が桁違いです。

編集

No title

2011-04-26 じゃいあん2 [URL]

黒白(告白)という言葉遊びもあるとか・・・
この著者は相変わらず面白いことをする人ですね~

編集

Re: No title

2011-04-27 ラノベドランカー [URL]

じゃいあん2さん、こんばんは。
> 黒白(告白)という言葉遊びもあるとか・・・
> この著者は相変わらず面白いことをする人ですね~
なんとそんな意味もあったとは!驚きです。

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/760-950352d6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。