ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

クロノ×セクス×コンプレックス(3)

2011-05-03

クロノ×セクス×コンプレックス3
電撃文庫
著作名:クロノ×セクス×コンプレックス(3)

著者名:壁井ユカコ(かべい ゆかこ)
イラストレーター:村上ゆいち(むらかみ ゆいち)
発行日:2010/11/10


あらすじ
ついに三村とミムラが対面!? 司書の正体とは── !?

念願の現代日本に帰ったミムラ。だが幼なじみの小町は存在ごと消え、故郷の姿は変わり果てていた。意気消沈して学園に戻ったミムラのためにオリンピアが使った時間魔法で、学園に起こる大パニック。そしてミムラは、時間の改変がもたらす恐ろしい結果、そして 「小町を忘れるな」 という司書の言葉の意味を知ることになる。司書の正体とは──!

レビュー
三村とミムラが遂に邂逅。

故郷から泣きながら帰還したミムラに起こった出来事と、その後。

想像以上にハードな変貌を遂げてしまった故郷と、居なくなった幼なじみ。
クロックバードに戻ったミムラは小町を助ける糸口を探して奔走する。

ミムラの為にとオリンピアが張り切った結果、クロックバードも大変なことになって一騒動。
小町という自分を繋ぎ止めてくれる存在を失ったミムラの絶望が伝わってくる。

壁井先生らしい展開が全開になってきた。
いやー重い。だがそれが良い。

司書の正体とは?なんて思わせぶりなあらすじになっているが、結局明確にはされず。
とはいえ、皆さんの想像通りの人物なんだろう。予想外す方がありえないか。

さて、4巻以降どんな展開になるのかわからなくなってきた。
楽しみに待とう。


評価
★★★★
(4)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/769-39c16f99

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。