ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

4 Girls

2011-06-15

4Girls
メディアワークス文庫
著作名:4 Girls

著者名:柴村仁(しばむら じん)
イラストレーター:也(なり)
発行日:2011/01/25


あらすじ
あこがれの同級生に告白する間もなくふられた僕。そして僕をふった張本人の彼女は、僕を無理やり連れて学校をさぼると言い出して――「scratches」。偏屈そうなおじいさんが一人で暮らしているはずの隣の部屋のベランダで、タバコをふかす変なおじさん。おじいさんの親戚だという彼と、ベランダでぼんやりすることが多い私は、次第に話をするようになり――「サブレ」。そのほか、「Run! Girl, Run!」「タカチアカネの巧みなる小細工」の計4作品を収録。
4人の少女たちの、トホホでワハハな日々を描く、哀しいけれどあったかい、珠玉の青春ストーリー。

レビュー
柴村仁が描く、四人の女の子達の物語。

視点は女の子じゃない物語もあったりするが、タイトルに偽りなく「4 Girls」。

柴村先生らしい女の子の描き方が好きな人にはたまらない。
メディアワークス文庫として刊行された理由が良く解る。ラノベではなく一般文芸的作品。

1編だけ過去「電撃コラボレーション まい・いまじね~しょん」に収録された作品があった。
読んだのが3年近くも前なのですぐに思い出せず。
「なんか展開を知っている。もしやエスパーに目覚めた?!」なんてアフォなことを考えたり。
一度読んだ話は何となく覚えているものらしい。自分の記憶力に少しびっくり。

ラノベと思って買ってはいけない。
柴村先生スキーなら損することは決して無い。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

メディアワークス文庫 コメント: 2 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >

この記事にコメントする

No title

2011-06-15 れぎおむ [URL]

柴村先生らしい女の子の描き方が好きな俺にはたまらない作品でした。
個人的には「くろべえ」の話が読めて満足です。

編集

無題

2013-07-28 まー [URL]

うーん、、最後のやつがよかったな


展開にドキドキした

編集






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/791-ce3c1179

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。