ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ゴールデンタイム2 答えはYES

2011-06-17

ゴールデンタイム2
電撃文庫
著作名:ゴールデンタイム2 答えはYES

著者名:竹宮ゆゆこ(たけみや ゆゆこ)
イラストレーター:駒都えーじ(こまつ えーじ)
発行日:2011/03/10


あらすじ
圧倒的なオーラを放ち、自称完璧、その実ちょっと残念なお嬢さま、加賀香子。彼女は独自のシナリオによって定められし幼馴染との運命の結婚が破綻してちょっと傷心気味。
一方、サークルの先輩、リンダは面倒見のよい気さくでいい人かと思ったら、実は万里の高校の同級生で、しかもどうやら浅からぬ仲だったようで、その事実をひた隠しにしていた。
記憶喪失男、多田万里の心はそんな二人の狭間に立たされて千々に乱れる。サークル活動や、コンパを経るうち、その心の距離は離れ、また近づいていく。
万里が二人に向けた問いかけの、その答えとははたして──?

レビュー
黄金時代への郷愁が止まない

ゆゆこ節に乗せられて描写される大学生の恋愛模様、飲み会模様、サークル活動、その他諸々。
大学時代はやっぱり黄金時代だった。

ジュースみたいなサワーや、何で割られているのか不明なウーロンハイ。
ピッチャー単位で襲ってくる安っすい酒でヘベレケになるまで飲んでた思い出がフラッシュバック。
よりによってなんでそんなシーン・・・?
でもそれが最高に楽しかったあの時代・・・。

またしてもそんな思い出プラス補正が働いて冷静な判断は下せず。

万里と香子の恋も気になるけど、醸し出される大学の雰囲気に当てられてしまう。
気づけば内容のレビュー殆どしてないが、総合的に「たまらない」作品なのだ。

青春ラブコメとして純度は非常に高かった。
万里の記憶喪失の謎が次巻以降効いてくるのだろうか。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/792-63375919

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。