ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

疾走する思春期のパラベラム 君に愛を、心に銃を

2011-06-28

疾走する思春期のパラベラム 君に愛を、心に銃を
ファミ通文庫
著作名:疾走する思春期のパラベラム 君に愛を、心に銃を

著者名:深見真(ふかみ まこと)
イラストレーター:うなじ
発行日:2011/06/10


あらすじ
疾走する学園異能アクション、ついに完結――!!

自衛隊の精鋭たちは乾燥者【デシケーター】に敗北、人類は劣勢に追い込まれた。尾褄を失い自暴自棄になる勇樹。睦美もまた早苗を失った痛手を抱え、映画部を去ったまま――。そんな絶望的な状況の中現れた戦争管理者シンクロニシティは、一兎に謎めいた言葉を囁きかけた。「人類がすべて死んでも、あなたは生き残る可能性がある」一兎、志甫、勇樹、睦美、それぞれの選択と結末とは? 人類と乾燥者、新生人類騎士の争いの行方は――!? 疾走する学園異能アクション、ここに完結!!

レビュー
超・超展開の末に物語は完結。

最終巻。

それはそれは凄い展開が待っているので驚くなかれ。

前巻「みんな大好きな戦争」でも大概だったが、この巻はそれも比較にならないレベルの超展開。

元は学園異能アクションだったはずなんだが、どうしてこうなった?

歯止めの効かなくなった勢いが予想外のベクトルに向いてしまった。

疾走というより迷走の方が正しいような気がしてならない。
あまりのことに読みながら笑いが出てきてしまった。半分ギャグみたいなもんだ、これは。

ここまでスケールを大きくした理由が良く解らない。
その割には戦艦とか戦闘機とかの名称がくどい位に羅列されたりしててバランスが悪い。
凄い艦隊なのはわかるが、恐らく多くの読者がそこまで求めていない。
悪く言うと中二病くさい。

マニアックな要素はとことんマニアックに描写されるのに、あっさりと終わっちゃうところはあまりにあっさり。
物語のたたみ方が雑だと思う。

読者置いてけぼりだけど、逆に置いてけぼりにされることを楽しむべし。

1巻読んだときはこんな終わり方するとは思いも寄らなかった。


評価
★★★★
(4)

一押しお願いします

スポンサーサイト

ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/799-d8838e55

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。