ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

とある魔術の禁書目録(22)

2011-06-30

とある魔術の禁書目録22
電撃文庫
著作名:とある魔術の禁書目録(22)

著者名:鎌池和馬(かまち かずま)
イラストレーター:灰村キヨタカ(はいむら きよたか)
発行日:2010/10/10


あらすじ
少女を守りたい、三人の少年の想いは届くのか……!! 科学と魔術の物語、ついに決着!

ローマ正教の暗部『神の右席』最後の一人、右方のフィアンマ。彼の企てる 『計画』 が、ついに発動する。
第三次世界大戦下のロシア上空に浮遊した巨大要塞 『ベツレヘムの星』。
十字教信者だけでなく、全世界の人間を 「救う」 と言われるそれは、しかし人類史上でも未曾有の大災害が発生することを意味していた。フィアンマが 『浄化』 と呼ぶその謀略が蠢く中、三人の少年は自らの想いを胸に戦い続ける。
浜面仕上は、滝壺理后(たきつぼりこう)の治療を終え、クレムリン・レポートを未然に防ごうと動いた直後、宿敵・麦野沈利と相まみえた。
一方通行(アクセラレータ)は、大天使ミーシャをかろうじて退け、ついに打ち止め(ラストオーダー)を救う『とある解法』に行き当たる。しかしそれはまさに禁断の一手だった。
そして上条当麻は、『ベツレヘムの星』 計画を食い止めるため、インデックスを解き放つため、単身フィアンマに挑む……!

レビュー
ロシア戦争は決着。でも物語は全然終わってない。

科学と魔術の物語、ついに決着!ってあたかも完結したかのような謳い文句。
それに騙されてはいけない。

超弩級スケールで展開していたロシア戦争はなんだかんだと終結。

上条、一方通行、浜面の3人はそれぞれの戦いに決着をつけた。
しかし終わったのはフィアンマが起点となったロシア戦争のみ。
これだけ大騒ぎしてもフィアンマが中ボスレベルな扱いで泣ける。

さりげなく超電磁砲が活躍してた・・・それも隠された本領を最後に発揮していたような・・・。遅いだろう。

7合目あたりから回収されてない伏線の多さに愕然とするが、続く前提なら納得。
色んなキャラが出てくるが、新キャラなのか忘れ去った既存キャラなのか解らなくなってきた。

シリーズは22巻で一区切りという扱いの模様。
始まった当初はこんな超絶スケールの物語になるなんて思っても見なかった。

でもとりあえず区切りをつけただけで、実際は何も片づいていない。
ラノベ史上稀に見る長大シリーズはまだまだ続く。

正直ちょっと長くなりすぎなんじゃ?と思ったりもするが。
「新約」は何巻まで行くのだろうか。神のみぞ知る?


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/801-9f195f2a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。