ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

アトリウムの恋人

2011-07-29

アトリウムの恋人
電撃文庫
著作名:アトリウムの恋人

著者名:土橋真二郎(どばし しんじろう)
イラストレーター:植田亮(うえだ りょう)
発行日:2011/05/10


あらすじ
とある理由により閉鎖された仮想世界 「東京スフィア」。高校生の前田は、普段は言葉を交わさないクラスのアイドル青原遥花から、その存在について相談を受ける。
身に覚えのない東京スフィアの入場チケットと大金100万円──
その後も執拗にスフィアのことを調べたがる遥花は、前田の他にも数名の生徒を誘って、サークルを設立してしまうのだが……。
そのチケットは、前田にとって歓迎すべき“招待状”なのか、それとも── !?

レビュー
ラプンツェルの翼コンビで贈る、土橋先生新シリーズ。

東京のマップ情報をデジタル化した際に生まれた副次的仮想空間・東京スフィア。
人々は副次的に生まれた仮想空間にログインし経済活動や遊びを行っていた。
しかし、東京スフィアはとある異変に襲われ荒廃・閉鎖されてしまう。

そんなスフィアへのログインチケットがクラスのアイドルの青原遥花の手元で発見された。
このチケットの意味は、スフィアとの関係は一体?

いつもの土橋先生シリーズとは異なり、ゲーム性がメインのストーリーではない。
現実空間とスフィアという仮想空間の狭間で起こる不思議な現象、遥花とスフィアの関連。
土橋先生クオリティーは本作でも安定して発揮されている。
少し物足りない気もするのは、これまでのような決まったルールの中で戦うゲーム性が無いからか。

結構綺麗に1巻が終わったけれど、新シリーズと銘打ってあるのだから次は出るだろう。
楽しみに待つ。


評価
★★★★
(4)

一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/812-04d8789f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。