ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

子ひつじは迷わない 泳ぐひつじが3びき

2011-07-30

子ひつじは迷わない3
角川スニーカー文庫
著作名:子ひつじは迷わない 泳ぐひつじが3びき

著者名:玩具堂(がんぐどう)
イラストレーター:籠目(かごめ)
発行日:2011/06/01


あらすじ
会長が相談募集の営業も始めたようで、何やらこの夏の活動に余念を巡らす「迷わない子ひつじの会」。そんな時「クラスメイトに絶好された!」という相談が持ち込まれる。相談そのものはありがちだけれど、微妙な反応の“なるたま”こと成田真一朗。その上、いつもなら解決しようと積極的に行動するのに、隣の部屋の仙波に知恵を借りに行く様子もない! 「成田くんが使いものにならないんです」。佐々原の訴えにダラッと仙波は――!!

レビュー
なるたまが窮地に追いやられる第3巻。

夏だからか、プールやらなんやらのサービスカットが多かった。・・・良いことだ。
着やせタイプの佐々原さんだけでなく、まさかの仙波さんカットまであるとは、読者サービス旺盛なことで。

ちなみに表紙で悪巧みしてそうな生徒会長は今回出番無し。

仙波さんの逆鱗に触れたあげく、最悪のタイミングでの相談のせいでなるたまは(精神的に)瀕死の重傷を負う。
だがこの程度で死ぬなるたまでもない。どんな復活劇になるのかは自ら確かめて。

なんとも甲斐甲斐しく心配する佐々原さんが可愛いことこの上なし。
しかし個別エピソードについては前巻と同様特段語ることもない。

読むのは全く苦にならないけど、レビューで書くことに困る。
そんな一冊。


評価
★★★★
(4)

一押しお願いします


スポンサーサイト

角川スニーカー文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/813-a1f45427

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。