ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ココロコネクト クリップタイム

2011-09-25

ココロコネクト クリップタイム
ファミ通文庫
著作名:ココロコネクト クリップタイム

著者名:庵田定夏(あんだ さだなつ)
イラストレーター:白身魚(しろみざかな)
発行日:2011/06/10


あらすじ
「新入部員がこなーい!」積極的な勧誘をしないと決めたものの、いつまで経っても現れない新入生に焦る太一たち。そんな時、文研部の扉を叩いたのは気だるげな男の子と内気で小柄な女の子で――。待望の新入部員編と、文研部が1枚のスクープ写真で学校を湧かせた文化祭秘話、伊織と太一との三角関係に悩む稲葉の奮闘劇から、唯が体験した女の子とのドキドキ初デートまで! 愛と青春の五角形コメディの美味しいところを集めたココロコレクト第1弾!!

レビュー
ココロコの魅力凝縮。

これまでの事件の後日談から、次に繋がる書き下ろしエピソードを含めた至福の短編集。

事件の後日談といっても、後日にあった別の出来事でふうせんかずらは関係なし。
つまり、心の暗い部分をさらけ出すようなパートは無く、文研部の高校生らしい青春エピソードばかり。
ずっとハイテンションのまま突っ走ってくれるので、一気に読み込んでしまった。

しかし庵田先生の書く女の子は可愛い。活字萌えを標榜できるくらい、たまらない。

最も重要なことを一つ。
稲葉ん、もとい、『デレばん』に気をつけろ!

数多のツンデレヒロインを見てきた私だが、稲葉んの落差は規格外。
落差を例えるなら、大気圏から地上くらいの落差か。塵も残らない・・・。

油断してるとリアルから魂を持って行かれる。
195~196ページは特に危険。
あまりの衝撃に一瞬息が止まった。

乙女な稲葉ん。嗚呼至福。

瞬間の攻撃力では今年最強クラス。
あの一瞬の稲葉んだけで★6つつけても良いんじゃないかと本気で迷った。

なんか殆ど稲葉んの感想になってしまったが、これはもう仕方のないこと。
色々気をつけて読むべし。


評価
★★★★★☆
(5.5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

ファミ通文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/829-67d2341e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。