ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

狼と香辛料XVII(17) Epilogue

2011-12-20

狼と香辛料17
電撃文庫
著作名:狼と香辛料XVII(17) Epilogue

著者名:支倉凍砂(はせくら いすな)
イラストレーター:文倉十(あやくら じゅう)
発行日:2011/07/10


あらすじ
ホロとロレンスの旅、感動の結末とは──
シリーズついに最終巻が登場!

『太陽の金貨』 事件から数年。元羊飼いのノーラと女商人エーブは、ホロからの手紙を手に、北へと向かっていた。旅の途中、錬金術師ディアナも同じ馬車に乗り込んできて──。
果たしてホロとロレンスは、幸せであり続ける物語を紡ぐことが出来たのか? 第16巻の後日譚を描く、ファン必読の書き下ろし中編のほか、電撃文庫MAGAZINEに掲載された短編3編も収録。
剣も魔法も登場しないファンタジーとして多くの読者に愛された賢狼と行商人の旅の物語が、今巻でついに完結! 二人の旅の結末を、ぜひその目で見届けて下さい。

レビュー
長い旅の果て、ホロとロレンスの幸せの形は

ニョッヒラで旅を終えたホロとロレンス。
二人はここで湯屋を営むべく奔走していた。

そんな中、かつて二人の旅で出会った女性達にホロから呼び出しがかかる。
エーブやノーラ達はガールズトークに華を咲かせながらニョッヒラに向かう。

それを知ったロレンスはホロの真意がわからず焦るばかり。
開店祝いとばかり思って準備を始めていたら、実は・・・

Epilogueのサブタイトルの通り、これはまさに終幕。
二人がどんな幸せを掴んだのか、それを読者に見せてくれた支倉先生の最後のサービス。

最後までロレンスは救いようのないニブチンだったわけだが、ホロといつまでも幸せに。
この終幕まで読んで、本当に狼と香辛料は終わったんだなと思った。

素晴らしい終幕だった。


評価
★★★★★
(5)

一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/870-5cab2cd6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。