ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

バカが全裸でやってくる Ver.2.0

2011-12-27

バカが全裸でやってくる2
メディアワークス文庫
著作名:バカが全裸でやってくる Ver.2.0

著者名:入間人間(いるま ひとま)
発行日:2011/09/26


あらすじ
謎のエネルギーに満ちた本。

出るとは思ってなかった第二巻。
本編中で一巻でネタを使いきったと豪語する潔さ。

1巻のレビューで「私小説」という表現をしたが、今回は一層その様相が強い。

より尖っていて、良い意味で読者のことを気にしてない感じ。

小説を書くこと、小説家であることへの得体の知れない執念のようなものが津波のように押し寄せてくる。

本が書くことが好きだ、でも死ぬほど苦しい、でも書くことをやめることはできない。

脳汁まき散らしながら書き続ける小説バカ。
これが創作上のいち人物のこととはどうしても思えない。

一体どこまでがフィクションで、どこまでが著者の本音なのか判別が非常に難しい。

所々に遊び心なのか、自分への皮肉なのかわからないネタも仕込まれているのも攪乱要因。

自分が書きたいように商業小説を書くことの難しさを語る一方で、あまりに内容が私小説っぽい。

ラノベレーベルには向かないと自己分析しつつ、ラノベでの入間先生を知らないと十全に楽しめない皮肉。

なんだかどこまでも入間先生っぽい。


評価
★★★★☆
(4.5)

一押しお願いします


スポンサーサイト

メディアワークス文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/881-7b6799cb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。