ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

2012-01-30

勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。
富士見ファンタジア文庫
著作名:勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。

著者名:左京潤(さきょう じゅん)
イラストレーター:戌角柾(いぬずみ まさき)
発行日:2012/01/25


あらすじ
勇者試験直前に魔王が倒されてしまい、勇者になれなかった少年ラウル。幼い頃からの夢が破れて腐っていたラウルは、王都にあるマジックショップで働く日々を送っていた。そんなある日、一人のバイト志望が驚愕の履歴書を持ってショップに現れる―。名前・フィノ、前職・魔王の世継ぎ、志望動機・親父が倒されたから。魔王の子供・フィノの教育系に指名されたラウルだったが…。「敬語ってのはな、丁寧な、かたい感じの言葉遣いだよ」「フハハハハ。よくぞ我がレジまでたどりついたな、お客様め!」「ストップ!ストップ!…いったん落ち着こうか」勇者の卵と魔王の卵が織りなす、ハイテンション労働コメディ。

レビュー
ファンタジー+小売業=世知辛い

第23回ファンタジア大賞金賞受賞作。

ファンタジーと労働。
イメージ的には噛み合わないネタが融合したら随分と新感覚なモノが出来上がってた。

国家公務員のような「勇者」制度が存在するとある国。勇者は給料も福利厚生も厚い憧れの職業だった。
そんな勇者に就くべく勇者予備校に通い勉学に励んでいたラウル少年。
しかし突然魔王が倒され勇者制度は廃止に。
勇者になるべく鍛えた戦闘能力やダンジョン攻略法は就職活動には全く役に立たず、小売のマジックショップに就職したのだった。

「得意なことは?」→「ラウル・スラッシュ(必殺技)です」→「それが当社でどんな役に立つと思いますか?」→\(^0^)/
という就活シーンには涙を禁じ得ない。

魔王の跡取りのフィノが就職してきてこれは波乱が?と思ったら場が全く混沌としない不思議。
魔王の跡取りの癖に勤勉、無邪気で人なつっこくて可愛えぇ始末。

魔王が倒されて戦争特需が無くなって未曾有の不況に陥ったファンタジー世界。
しまいにゃ勇者が職にあぶれるとか夢も希望も無い。
だがそんな世知辛さも調理の仕方で面白くなることがよくわかった。

設定は確かにファンタジーなのに、その俗っぽさがファンタジーを感じさせない。
ただこのファンタジーのアレンジ具合が「ファンタジア文庫らしい」突き抜け方だなとも感じられる。

ライジン×ライジンに比べれば真っ当な路線だが、これはこれで新しい。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします


スポンサーサイト

富士見ファンタジア文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/897-6ef94574

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。