ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

明日から俺らがやってきた

2012-02-22

明日から俺らがやってきた
電撃文庫
著作名:明日から俺らがやってきた

著者名:高樹凛(たかぎ りん)
イラストレーター:ぎん
発行日:2012/02/10


あらすじ
“俺”がいっぱいって……誰得だよっ! “俺ら”とおくる未来的・青春ラブコメ登場!

推薦入学して女の子にモテようか、それとも良い職に就くために上の大学受験しようか──。青春もなく進路に悩む俺、高校3年生・桜井真人の前に未来から“俺”が時間を超えてやってきた! しかも二人も!! チャラ男とガリ勉の桜井真人……って本当に俺かよ!? 同じく進路に悩む 『氷の女王』 こと高瀬涼と仲良くなった俺はこれからある決断をすることになるが……。
ちょっと大人になった“俺ら”とおくる未来系・青春ラブコメ! (……なのか!?)

レビュー
あの時にああしていたら…と思うことはありませんか?

第18回電撃小説大賞〈電撃文庫MAGAZINE賞〉受賞作。
うん、これも期待を上回る面白さだった。

推薦入学か受験か…進路に悩む高校生の桜井真人。
悩む彼の元に現れたのは、推薦入学した大学で遊び尽くし無職になった未来の自分と、受験して大学入って就職もしたが青春しわすれた未来の自分。
無職の自分は受験をしろと言い、青春し忘れた自分は推薦にしろという…。

誰もが一回は経験したであろう、人生の岐路、ともいうべき選択。
そこに未来の自分が物言いしにやってきた、という非常に斬新なアイデアが気に入った。
取った選択肢に相当の自信が無い限り、取らなかった選択肢の可能性はどこまでも羨ましく感じるもの。
別々の道を辿った未来の自分が、自らの選択の愚痴ばかりこぼすものだからさあ大変。

そんな修羅場のような中で、未来から来た自分とは異なる選択を取る桜井真人。
この選択の行く末がどうなるのか、それは読んでのお楽しみ。

基本はラブコメであり、そのヒロインの高瀬ちゃんの可愛さといったら悶死レベル。
そこに未来から来た自分というアクセントが付いて、面白みが増している。

「あの時ああしていたら」なんて思い悩むことがあった時、この本を読んでみると良い。きっと気分が晴れる。
私はちょうどそんなタイミングで読んだおかげで元気が出た。
そんなこともあって★は5つ。



評価
★★★★★
(5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします

スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 1

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/909-42b64e88

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

電撃小説大賞受賞作 明日から俺らがやってきた 感想!

2012-03-08 おたくたび

どうもどうも中の人はあまり新人賞デビューしたてのライトノベルを買うほどライトノベルヲタクではないのですがこの「明日から俺らがやってきた」はあらすじを見てこれは買いだろう!と思ってしまい衝動買いしてしまいましたネタバレ無いので安心してください~以下あらすじ

ホーム

カレンダー&アーカイブ

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。