ブログ内検索&カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

プロフィール

ラノベドランカー

Author:ラノベドランカー
ラノベ大好きな中毒者。
ラノベ積本の海が引き潮気味になり、溺死の危機から脱出。
ブログ開設6年が過ぎました。
何事も継続は力なり。

最近の記事+コメント

あわせて読みたい

あわせて読みたい

スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

シロクロネクロⅢ(3)

2012-06-14

シロクロネクロ3
電撃文庫
著作名:シロクロネクロⅢ(3)

著者名:多宇部貞人(たうべ 貞人)
イラストレーター:木村樹崇(きむら しげたか)
発行日:2012/02/10


あらすじ
オレの下半神が有頂天!!!!!!!!!! 今回はみんなで沖縄へ修学旅行!

死ぬほど修学旅行エンジョイすんぞウォォ! って、俺こと不二由真は既に死んでるゾンビだけどね。それはそうと修学旅行といえば、高校生活最大のイベント、そして場所は南国・沖縄! ……ときたら、水着姿の高峰とムフフなことだらけで……え? 違う!? 俺を待っているのはクロネクロとオッサンと幽霊の女の子だってぇー!? ……マジ?
美少女ネクロマンサーとおバカゾンビで贈る、ネクロマンティック・ラブコメ第3弾!

レビュー
安心の下半神様クオリティー!!

久々の刊行だったが、そのバカっぷりは変わっていなくて大変満足。

沖縄といえば海、海と言えば水着、水着といえば…男破威!!
その破壊力を前に生き延びられる男は居ないはず。
ソファイアさん、あんたやりすぎだZE☆

由真が人間に戻るための手がかりを求め沖縄の寺社仏閣を巡りつつ、きっちりエッチな騒動も巻き起こす。
変態度に磨きをかけながら男の覇道を突き進まんとする由真に最敬礼を捧げたい。

出てくる敵もしっかり変態であったところも、抑えるところを抑えており素晴らしい限り。
その敵は抑えるところを抑えられてなかったから変態なのだが。。そこは読んで貰えれば意味はわかる。

つーか、本当にバカじゃないだろうか。(良い意味で)
物語に緊張感が殆ど感じられない。(もちろん良い意味で)
今回の修学旅行のドタバタがどれだけ物語の話を進めたのかというと…きっと殆ど進めていない。
だけど良いのだ。この阿呆はノリこそシロクロネクロの真髄。

もはや雪路が由真の手に落ちそうなのが気がかりである。
その辺はデレきる前にもっとラブコメって欲しい。

ちょいちょい伏線ぽいものも張られたようだが、あまり深く考えずにフィーリングで読んでいきたい。


評価
★★★★☆
(4.5)

ライト度
★★★★
(4)


一押しお願いします


スポンサーサイト

電撃文庫 コメント: 0 トラックバック: 0

< 前の記事 ホーム 次の記事 >






    



管理者にだけ公開させる

トラックバックURL
→ http://lightnovels.blog51.fc2.com/tb.php/950-9c4163ca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ホーム

カレンダー&アーカイブ

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

ご用件がある場合はこちらまでご連絡ください。

<感動>最強ラノベ

<爆笑>最強ラノベ

<独特の世界>最強ラノベ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。